2008年06月29日

指揮官の采配ミスに苦しむドイツ代表

・瀕死のトルコに苦戦

 後半ロスタイム、左SBラームの劇的ゴールで辛くもトルコを振り切ったドイツ。対戦相手のトルコは、戦力差を考えれば勝って当然の相手。しかも、出場停止&負傷者が続出しベストメンバーを組めない状況。ドイツは満身創痍の格下相手に瀬戸際の勝利と、決勝に向けて不安の残る試合内容だった。

 立て続けに驚異的な逆転劇を演じ「ミラクル・ターキー」などと絶賛されはしても、数少ないワールドクラスのエムレ・ベロゾグル、ニハト・カフベチらを怪我で失い、トルコの内実は苦しい。スターティングメンバーの中で世界的知名度を有するのはバイエルン・ミュンヘンに所属するハミト・アルティントップと元バルセロナのGKリュストゥ・レチベルの2人にすぎなかった。

 そのような瀕死の状態のトルコが相手だったため、準決勝は順当にドイツの完勝でもおかしくはなかった。けれども、ドイツの指揮官レーブ監督が采配ミスを連発。チームを窮地に追い込んだ。


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by hume at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。