2008年11月18日

マンチェスター・Uで万能長身FWのベルバトフがいっこうに機能しない理由



・アメリカ鉄道会社が犯した致命的ミス

 アメリカの鉄道会社は、1869年の大陸横断鉄道の完成を機に20世紀初頭まで繁栄期を謳歌していた。大陸横断鉄道完成以前のアメリカは、東海岸と西海岸を結ぶ大規模輸送手段が、パナマ運河を通る大型貨物船以外にはなく、陸上からは小規模の馬車輸送がせいぜいであった。また、のちのライバルとなる自動車も、当時は金持ちの娯楽品に過ぎず、航空機も1903年にライト兄弟が初飛行に成功したばかりだった。

 絶頂期にあるものは、過ちを犯しやすい。アメリカの鉄道会社もご多分にもれず、成功に浮かれて取り返しのつかないミスを犯してしまった。彼らは自分たちの業界を運送業界ではなく、鉄道業界だと思い込んでしまったのである。そのため、他の鉄道会社を買収しさえすれば、ライバルは居なくなり、利益を独り占めできるものと誤解してしまったのである。

 この誤解が致命的な失策をまねく。第一次世界大戦後に道路網が整備されたことによって、自動車が大衆にまで普及し、アメリカの交通事情は一変する。当時のアメリカの鉄道会社は、独占状態にあぐらをかき、サービスの質を低下させ、乗客から反感を買っていた。特に問題だったのは、料金の高い一等客を優遇し、料金は安かったが客数の多かった一般乗客を冷遇してしまったことである。そうしたことから一般乗客は、鉄道輸送から便利の良いバス輸送へ一斉に乗り替えてしまた。これにより絶頂期を迎えていた市街地の電気鉄道網は、バス網との競争に敗れて壊滅し、さらには長距離鉄道輸送網さえも、技術進歩によって大型化した航空機との激しい競争のすえ衰退し、鉄道業界そのものが凋落の一途をたどってしまった。

 鉄道会社が自分たちの業界を運送業界と正しく認識し、早めに手を打っていたならば、これほど没落することはなかったはずである。ただし、このように自分の位置づけを見失う例は珍しくない。マンチェスター・ユナイテッドの万能長身FWディミタール・ベルバトフの獲得がいい例である。


人気blogランキングへ
続きを読む
posted by hume at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。