2009年04月15日

史上もっともヘタクソなバロンドーラー

 バロンドールとはフランスのサッカー専門誌「フランス・フットボール」が創設した欧州年間最優秀選手に贈られる賞のことである。これまでにブラジル代表のロナウジーニョやカカー、そして昨年は、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドがその栄誉を授けられている。2006年に受賞したファビオ・カンナバーロなど例外はあるものの、基本的にはアタッカーが表彰される傾向があり、当然ながら歴代受賞者は、神業的な技術を有する超絶テクニシャン、もしくは超人的な身体能力を持つ怪物アスリートばかりである。そんななかテクニック面でもフィジカル面でも際立った能力を持たないバロンドール受賞者がいる。70年代中盤から80年代初頭のイングランドを代表するスター選手、「マイティ・マウス」ことケビン・キーガンである。


 ケビン・キーガンの略歴はこちらへ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

高柳が高萩からポジションを奪えた理由

 高柳は昨シーズンより成長している。それは確かだ。出来ることと出来ないことの区別がつくようになり、プレーの選択がシンプルになった。その結果が現在の好調につながっている。

 しかし高柳は、トップ下としての資質では高萩に遠く及ばない。ゲームメーカーとしてはプレー・ビジョンに欠けるため比較対象にすらならない。チャンスメーカーとしてはクロス技術で上回るものの、スルーパスがレパートリーに含まれていないため、総合的なアシスト能力で見劣りする。フィニッシャーとしてはマークを外す動きに雲泥の差がある。ディフェンスにおいても対人プレーに強くとも自己犠牲の精神に欠けることからサボるシーンが散見されるなどトータルな守備貢献度で劣っている。それでも高柳が高萩からポジションを奪えたのには理由がある。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。