2009年04月13日

高柳が高萩からポジションを奪えた理由

 高柳は昨シーズンより成長している。それは確かだ。出来ることと出来ないことの区別がつくようになり、プレーの選択がシンプルになった。その結果が現在の好調につながっている。

 しかし高柳は、トップ下としての資質では高萩に遠く及ばない。ゲームメーカーとしてはプレー・ビジョンに欠けるため比較対象にすらならない。チャンスメーカーとしてはクロス技術で上回るものの、スルーパスがレパートリーに含まれていないため、総合的なアシスト能力で見劣りする。フィニッシャーとしてはマークを外す動きに雲泥の差がある。ディフェンスにおいても対人プレーに強くとも自己犠牲の精神に欠けることからサボるシーンが散見されるなどトータルな守備貢献度で劣っている。それでも高柳が高萩からポジションを奪えたのには理由がある。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 21:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。