2009年06月29日

【ジェフ千葉の新外国人FW】ネット・バイアーノ

 ジェフ千葉は新外国人FWネット・バイアーノの獲得を発表した。巻との相性の悪さを見せたレイナウドの反省からか、千葉フロントは05〜06年に活躍したマリオ・ハースと同じタイプの選手を中心にスカウティングしたらしい。

 動画を観たかぎりでは確かにハースに似ている。技術的にはやや不安定だが、ポストプレーやアクロバティックなフリック(後ろにボールをそらすプレー)は、十分及第点をつけられるレベルだろう。左足のシュートは、やや力任せの印象がぬぐえないものの、まずまずの破壊力を備えている。セットプレーでも強力な武器となりそうだ。

 守備も献身的にこなすようだし、プレッシング・サッカーへの適応という点でも問題はないだろう。ペナルティエリアの外縁を主戦場としており、頻繁にサイドへ流れる動きを見せていたことから、ボックス・ストライカーの巻との相性は悪くないようにも見える。

ならば千葉にとってベストの補強かというと、そう単純な話ではない。


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

【エル・プリーンシペ】エンツォ・フランチェスコリ

ウルグアイ人で初めて南米最優秀選手賞を獲得したファンタジスタ。

その端正なマスクと華麗なパフォーマンスで観客を魅了していた。

フランスの英雄ジネディーヌ・ジダンは、地元マルセイユのアイドルだったフランチェスコリを「最も尊敬する選手」に挙げ、自分の息子に「エンツォ・ジダン」と名付けるほど心酔している


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

【サンフレッチェ対ヴィッセル】現場監督の不在と支離滅裂な采配

 森崎和幸が「慢性疲労症候群」という難病に倒れた。森崎和幸は、単に日本屈指のボランチというだけでなく、選手が戦術を決めるサンフレッチェ広島おいて、実質的な現場監督の役割を担っていた。4−3と大荒れな試合内容だったヴィッセル神戸戦では、その現場監督の不在がチームに多大な影響を及ぼしていた。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 19:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

【日本代表】勝ってしまったオーストラリア代表の不幸

 オーストラリア代表は弱かった。主力が出てなかったことを差し引いて考えても弱すぎた。弱いオーストラリア代表に日本代表がなぜ負けてしまったのか、それをこれからオーストラリア代表の戦術分析をメインにすえて解説したいと思う。


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

【オランダ史上最高のレフトウインガー】クーン・マウレイン

イングランドの英雄サー・スタンリー・マシューズに「オランダのサッカー史上で最も才能のあるレフトウインガー」と評された男、それがクーン・マウレインである。

ヨハン・クライフ以前のオランダで最大のスター選手だった彼は、1956−1972に掛けて左ウイングで活躍し、小野伸二も所属したフェイエノールトの黄金時代(リーグ優勝5回チャンピオンズカップ優勝1回)を築いた。


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

【セルティックのノミ】ジェームズ・ジョンストン

ジェームズ・ジョンストンは、中村俊輔が所属するセルティックのレジェンド・プレーヤーである。

セルティックが66−67シーズンに欧州チャンピオンズカップを優勝した際の中心選手だった。

セルティック・サポーターによるオンライン投票でも「セルティックで史上最も偉大な選手」に選ばれている。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

【日本人ドリブラー】足があまり速くない田中達也と大久保嘉人

日本人ドリブラーは面白くないと書いたが、これはこれで結構面白い。

色々と観ていくうちに面白い発見があった。


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

【ジーコのアイドル】ジジーニョ



最近、むかしの名ドリブラーの動画をあさって観ている。

日本人ドリブラーと違い、個性がはっきりしていて、時代が古くとも十分に面白い。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

【日本代表】最低のパフォーマンスを見せたダブルボランチとその原因

カタール戦の日本代表を観ていて、ふとルグエン監督時代のリヨンを思い出した。

04−05シーズン当時のリヨンは、格下相手の試合では基本フォーメーションの4−3−3ではなく4−2−4を使用していた。

前線のアタッカー4人には守備の役割を免除し、その代わりダブルボランチにはディフェンス能力の高い選手を起用し、攻守のバランスを取っていた。

ただし日本代表とリヨンには決定的な違いがあった。

日本代表では前線の4人だけでなくボランチまで好き勝手に攻め上がっていたのだ。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

【戦術分析】ファジアーノ岡山

 前回のカターレ富山の記事で、不思議なことに岡山県から大量のアクセスがあった。記事のテーマとさほど関係のなかった「ファジアーノ岡山」という言葉が、ロボット検索に引っ掛かったのが原因らしい。そのためファジアーノネタに飢えている訪問客の方々に大変な無駄足を踏ませてしまったようだ。このままでは心苦しいので今回は、ファジアーノ岡山のサッカーを詳細に分析したレポートを掲載することにした。サンプルとしたのは第9節カターレ富山戦(4月19日)と第19節ベガルタ仙台戦(6月3日)である。


人気blogランキングへ


続きを読む
posted by hume at 21:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

【広島皆実高校出身】カターレ富山のMF朝日大輔

 広島県出身のMF朝日大輔が所属しているカターレ富山が、同じく昇格組の栃木SC(14位)とファジアーノ岡山(17位)を横目に11位と結果を出している。そのカターレ富山は、先週末にホームで栃木SCと対戦した。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。