2009年10月04日

ミキッチの意地

清水の守備は意図的に中央と右サイドのスペースを消し、左サイドのスペースを空けていた。

森崎和、青山に中央からサイドへパスを散らされたり、服部に寿人へピンポイントでクロスを合わされたりするよりも、ミキッチをフリーにしたほうがましという考えが透けて見える守備シフトだった。

清水としてはミキッチの精度の低いクロスなら中央を固めてしまえば十分に跳ね返せるという読みだったのだろう。

この試合では中央にいる伊東、岡崎だけでなく左サイドの枝村も時折り青山を消すようなポジション取りをしていた。

最近、同様の対策を取ってくるチームがいくつか見られる。


人気blogランキングへ

続きを読む
posted by hume at 09:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。