2008年07月08日

【広島VS熊本】若手の独断専行と被害を拡大させる迷監督

・失態の原因はダブルボランチにあり

 最下位熊本相手に2−2の引き分けという失態を演じたサンフレッチェ広島。相変わらずサッカーを見る目がないペトロヴィッチ監督は、新入りの結城をスケープゴートにした。だが、結城に責任はない。本来責任を問われなければならないのは、ダブルボランチの高柳と青山の2人である。

 熊本戦では森崎和幸がセンターバックへコンバートされたため、若手の高柳が青山とボランチでコンビを組んでいた。高柳が森崎和幸の役割を引き継いで守備的ボランチとして全体のバランスをとり、青山が攻撃的ボランチとしてゲームを組み立てる役目を担うはずだった。しかし、予想外の事態が起こる。

 高柳と青山が二人同時に攻撃的ボランチとしてプレーしてしまったのだ。これによって守備のバランスが崩れ、最終ラインの前にスペースが生じ、カウンターで空いたスペースを狙われ同点ゴールを決められてしまった。こうなった原因は2人が直接的にポジションを争っていた点にある。


人気blogランキングへ


・王様のパートナーをめぐる争い

 現在サンフレッチェはダブルボランチを採用している。その一角、守備的ボランチのポジションは、森崎和幸が不動だ。森崎和幸は、サンフレッチェ広島において押しも押されもしないチームの重鎮である。一部のサポーターからは畏敬の念を込めて『キング・カズ』とまで呼ばれているほどだ。森崎和幸がスタメン落ちするなど、まず考えられない。

 熊本戦ではチーム事情によりセンターバックでプレーしてはいたが、ストヤノフが復帰し次第、本職の守備的ボランチのポジションに戻ることになるだろう。そのため高柳も青山も今後レギュラーとして試合に出続けるためには、残る攻撃的ボランチのポジションを確保するしかない。

 高柳は熊本戦で守備的ボランチでのプレーすることを拒否してしまったのもそういう理由からである。守備的ボランチとしていくら結果を出しても、森崎和幸の控えの座しか手に入らない。こういった理由から熊本戦では攻撃的ダブルボランチというアンバランスな布陣になってしまったのだ。


・「負のチーム内競争」を加速させる迷監督

 健全なチーム内競争はチームに多くの成果をもたらす。けれども、行き過ぎたチーム内競争は、選手間の対立を招き、チームに損害を与える。高柳と青山の関係がまさにそれだった。しかし、そのこと以上に問題だったのが迷監督ペトロヴィッチの発言である。

 本来ならば独断専行でチームに損害を与えた高柳を叱責し、一罰百戒とするのがペトロヴィッチ監督の役目だった。ところが情勢判断力が皆無に等しいペトロヴィッチ監督は「一誠(高柳)はポジティブな驚きだ。いいプレーをしたと思う。」などとお墨付きまで与えてしまったのだ。

 この一言で彼がどれだけ無能かわかろうというものだろう。高柳当人も含めて多数の選手が試合後コメントや次節に向けてのコメントでボランチの問題について言及していた中、監督ただひとりが「ポジティブな驚き・・・」などとのたまったのである。こちらのほうが驚きだ。もうそろそろ限界なのではなかろうか。いろいろな意味で。


人気blogランキングへ

posted by hume at 23:16| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの交代は不穏でしたね。
今までの経験からしてこれから干される類の
交代でした。本当に心配です。
というか普通に、盛田、槙野、結城でやれ
っていう話なんですけど、なんであそこまで
カズのリベロにこだわるのか・・・・
本当にもう変態としか思えません。


Posted by cfr at 2008年07月08日 23:50
こんばんはです。
致傷といか恥笑というかなんというか・・・。
まずは主審が暴走して、何試合か出場停止になっていただくしかない様ですorz。
Posted by hbk_boshoot at 2008年07月09日 00:09
はじめまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

今回の件について、青が「明日はぼくが守備的MFとして...」とコメントしてますね

明日の試合が非常に怖いです...せっかく現地に行くのに...
Posted by 蘭泥 at 2008年07月09日 00:25
ストヤノフの代わりにボールを動かせるカズを一列下げたいのもわかるけど、ついでに高萩も一列下げてアオと組ませてほしかったな。
そうすればアオもカズとやってる時と近いイメージでやれたのではと思います。
つーか去年の高萩の干されっぷりは何だったんだ。
今季の活躍は北京代表候補に入ってもおかしくはないですね。
Posted by サポ at 2008年07月09日 00:42
>cfrさん
柏木を使いたいからなんじゃないです。
現状では前々節の中盤の4人誰一人外す理由がありません。
こうでもしないと故障明けの柏木をスタメンで使えませんから。

>hbk_boshootさん
どうも。
そういうことは主審じゃなくて社長にやってほしいですね。

>蘭泥さん
はじめまして。
青山は空気読みましたね。
けど、お人好しも過ぎると不幸になると思いますよ。

>サポさん
チームのバランスを崩そうが得点に絡めば良い選手という認識しか持てないウマシカさんが去年何を考えてたかなんて問うだけ時間の無駄です。
彼はいったい何人の若手の人生を狂わせたら気が済むのでしょうね。

Posted by hume at 2008年07月09日 07:04
コメントにもありますが普通に盛田、槙野、結城でいいと思うのだが。。。
監督コメント読んでも一誠がポジティブな驚きってのもビックリだし。
今年は仕方ないけど来年は絶対に監督は交代して欲しいですね。
Posted by ひろ at 2008年07月09日 09:35
>ひろさん
こんなんで契約更新なんてことになったら暴れますよ。
まともに試合分析ができないひとが監督だなんてありえませんから。
Posted by hume at 2008年07月10日 05:01
 いやぁ、徐々にグダグダになってきましたね。愛媛戦では5バック+浩司が中盤底に下がったトリプルボランチで引いて守るという非効率な超守備的な布陣できましたよ。
 後ろに人数はいれど中盤が中央に寄って構えるので相手のサイドはノンプレッシャーでした。しかしセットプレーやロングボール1発で勝てるのが怖い。仮に昇格しても同じことの繰り返しになりそうですよね〜。

 紫のチームはエレベータークラブになる運命か(苦笑)。
Posted by カタヤマ at 2008年07月10日 12:41
>カタヤマさん
まだ試合を見ていませんけど、相当グダグダだったそうですね。
録画を見るのが憂鬱になります。
Posted by hume at 2008年07月11日 07:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。