2008年09月21日

サンフレッチェ広島を攻略するための7つのポイント

 2位モンテディオ山形に完勝して10位横浜FCに苦戦する。サンフレッチェ広島は、なぜこうも不安定なのだろうか。戦力は間違いなくJ2最強だ。J1でも中位以上は確実にある。しかし、「J2最強」の称号に値するほどの力強さはどうにも感じられない。その理由は弱点の多さにある。

 弱点さえ突かれなければサンフレッチェは強豪モンテディオを圧倒できる。しかし、弱点を突かれれば10位と低迷中の横浜FCにすら遅れを取る。この危なっかしさが首位を独走する現在においても根強い監督解任論が噴出する原因となっているのだろう。(ちなみに私は監督解任派じゃありませんよ。補強にことごとく失敗してチームの足を引っ張ってばかりのJ1昇格に一つも貢献しない織田強化部長解任派ではありますが。)

 来シーズンJ1を戦い抜くにはどうにもこうにも不安が拭えない。そこで今回はJ1での戦いに備えて、いまのうちにサンフレッチェの弱点をあぶりだし、来季に生かそうという企画だ。サンフレッチェ・サポーター限定企画なので、他チームのサポーターはすみやかに(Alt+Left )を押して引き返してもらいたい。とはいえ、どうしても読みたいという方はこれ以上とめないが。


人気blogランキングへ


1.DFラインの裏に飛び出す高速FW

 まずはサンフレッチェのDFラインを押し下げるためにセンターバックの裏を取れるスピード系のFWを前線に配置したい。サンフレッチェのDFは全般的に足の遅い選手が多く、スピード系のFWとの対戦では裏を取られることを警戒して最終ラインを簡単に下げてしまう傾向がある。両サイドハーフも連動して下がってしまうため、中盤が手薄になり、この1手だけでサンフレッチェのプレッシングを無効化してしまうことができる。

2.両サイドに2枚ずつ配置

 フォーメーションは3−4−3でも4−4−2でも4−1−4−1でもかまわない。重要なのは両サイドの後列の選手(サイドバックorウイングバック)をフリーにしてしまうことだ。サンフレッチェの3−4−2−1は、その構造上DFラインが低い位置まで下がってしまうと、2シャドーも後方にスペースを生まないよう後退せざるを得ないため、両翼に2枚配置するチームが相手では、どうしても後列の選手をフリーにしてしまう。そのため、サイドに2枚配置したチームは、組み立てセンスに優れた選手抜きでも、横パスを繋いで徐々に前進し、クロスをあげられる位置まで攻め上がることが可能となるのだ。

3.攻撃性能に優れたサイドバックorウイングバック

 下位チームにありがちなのだが、サンフレッチェの攻撃力を恐れて、いやおうなしに両サイドに守備的な選手を起用するきらいがあるようだ。FC岐阜が右サイドバックにセンターバックが本職の小峯を起用したのがいい例だろう。しかし、これは悪手と言わざるを得ない。多少ディフェンスを強化したぐらいではサンフレッチェの攻撃を抑えきれはしないし、逆に攻撃力を低下させたマイナス分の方が大きくなってしまう可能性のほうが高い。ここはサイドに攻撃的な人材を配し、相手を押し込んでしまったほうが得策だろう。特に石川や尾亦のようなクロスマシーンが望ましい。

4.ストロング・ヘッダー

 簡単にフリーでクロスを上げられらるのだから、やはり前線にヘディングが得意な選手がほしい。ピンポイントでクロスを合わされたら、さすがにサンフレッチェの3バックが高さに定評があるといっても耐えきれないだろう。そのパターンでベガルタやモンテディオがサンフレッチェから勝利をもぎ取っている。

5.足の速いセンターバック

 サンフレッチェの攻撃のキーマンは佐藤寿人である。その寿人の一番凄いところはDFラインの裏を取るプレーと引いて楔のパスを受けるプレーの両方をこなせるところである。    センターバックが後ろを取られるのを警戒して距離をとれば、寿人のポストプレーを軸にコンビプレーで中央を突破する。反対にセンターバックがポストプレーを潰すために距離を詰めれば裏のスペースへ飛び出してフィニッシュに持ち込む。相手のセンターバックはどちらを選んでもチャンスを創られてしまうのだからたまらない。これに対抗するためにには単純にスピードで寿人を上回るセンターバックを起用するしかない。裏を取られても追いつける加速力、インターセプトする瞬発力を備えたセンターバックならば寿人を封じることは可能だ。実際寿人はスピード系のセンターバックとの対戦ではたびたび空気化してしまう。

6.5−4−1で守りを固める

 なぜ5バックなのかというと4バックだと両サイドに空いたスペースをストヤノフのロングパスで狙われてしまうからだ。サンフレッチェはこのストヤノフから両翼への対角線ロングパスからのクロスでゴールを量産している。それを防ぐためには5バックにして両サイドのスペースを消してしまう必要がある。中盤が4枚なのはセンターバックの攻撃参加に対応するためだ。これで1トップにストヤノフをマンマークさせれば完璧である。これでサンフレッチェのサイドアタックはほぼ防げる。ディフェンスに10人割いてしまうため速攻の威力は低下してしまうが、ゴールを奪うだけなら遅攻だけで十分だろう。

7.中盤の底にアンカー

 サイドを封じられた場合にサンフレッチェの攻め手は2シャドーを軸とした中央突破くらいだ。これを防御するため、ボランチにバイタルエリアのケアを専門に行うアンカー型の守備的MFを据えたい。2シャドーへの抑えとなるだけでなく、寿人のポストプレー封じにもなるという一石二鳥の策だ。これでサンフレッチェの攻め手の大半は潰せる。


 これらの策のうち横浜FCが実行に移していたのは7つのうち4つだ。4つ実行に移されただけでも10位のチームに苦戦を余儀なくされてしまうのがサンフレッチェの現状である。『J2最強』などと奢っている余裕などどこにもない。このままでいいのだろうか。来シーズンまでには何らかの手を打たなくて本当によいのだろうか。


人気blogランキングへ
posted by hume at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。