2008年10月01日

技術と走力を兼ね備えた左ウイングバック

 ギブアップである。駒野並に走れて、駒野並に守れて、駒野並にクロスを蹴れる選手を、多額の資本投入抜きで補強できるわけがない。服部の控えが務まるギリギリのラインまで要求水準を下げて調べ直してもみたが、結局一人も引っ掛からなかった。


人気blogランキングへ


 あえて名をあげるなら名古屋グランパスの片山であろうか。しかし、仮に片山が移籍市場に出てきたとしても、争奪戦になるのは確実である。そもそもグランパスがタダで手放すはずもない。J2にレンタルが順当だろう。

 さすがの織田強化部長も多額の出費抜きに左サイドの補強は不可能なはずだ。とはいえ、補強できなかったからといって、それほど困りはしないだろう。なぜなら我々には高柳がいるからだ。左右どちらでもプレー可能な高柳をサイドに回せば、何の問題も起きない。CBの補強がうまくいったなら、森脇を回すという手もある。なにも外部に人材を求める必要ないのである。

 もちろん駒野が帰還するというなら異論はない。だが、使えもしない日本人を織田強化部長が「私はちゃんと仕事をしていますよ」というポーズのために獲得することだけは許されない。もしも獲得するというならば高額の移籍金を払って、服部を控えにしてしまうほどの大物を連れてくるべきである。そうでなくてはチームの強化にもならない。

 この左サイドの補強は織田強化部長にとって試金石となるはずだ。誰を補強したか、補強しなかったかで、有能なのか、無能なのか、有害なのかがはっきりするはずである。よってサンフレッチェ・サポーターは全員左サイドの補強について、ぜひ注目していただきたい。


人気blogランキングへ
posted by hume at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
左なら、同じグランパスの渡辺がいいのではないでしょうか。23歳だし、どうもピクシー監督の広壮には入っていないようだし。19、20歳くらいのころはよく試合に出ていた。
Posted by at 2008年10月05日 21:39
>名無しさん
渡辺は片山以上に争奪戦が激しそうなんですよ。
取れたら最高ですけど、難しいでしょうね。
Posted by hume at 2008年10月07日 06:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。