2008年10月13日

【補強】JFL得点ランキングをチェックしてみる その1

 糸井重里の「徳川埋蔵金」が9年ぶりに復活し、明日の10月14日にTBS系列の新番組「キミハ・ブレイク」にて放映されるらしい。資金難で途中断念というひどい終わり方をした番組だったが、埋蔵金の発掘というロマンをかきたてられる題材だったため、当時は夢中になって観たものである。今回は新番組の初回特集というかたちでオンエアされるとのことだ。

 近年、JFL得点ランキング上位者からは、年に2、3人がJの舞台へとステップアップしている。今年も2007年JFL得点ランキング2位だったロアッソ熊本の高橋がJ2得点ランキングの2位に食い込み、2006年JFL得点王だったアビスパ福岡の大久保もチームの不振をものともせず11位タイにつけている。

 埋蔵金は男のロマンである。私もそんな埋蔵金のような選手を探して、前回までにJ1・J2の全選手を調査したわけだが、今回はJFLにも手を広げ、2008年JFL得点ランキング(10月13日現在)とYOUTUBEのプレー動画をもちい、高橋や大久保のように有望な選手を発掘したいと思う。


人気blogランキングへ


名前:小林 康剛
所属:ファジアーノ岡山
生年月日:1980年6月15日
身長/体重:183センチ/77キロ




 昨シーズンまで徳島ヴォルティスでプレーしていた長身セカンドストライカーである。タイプ的には湘南ベルマーレの梅田やヴァンフォーレ甲府の羽地に近く、大型ながらスピードがあり突破力を備えている。ゴール前でドタバタと浮き足だつシーンも見られるが、クロスにヘディングで飛び込むプレーを得意とし、歴代2位のJ2通算得点記録を残しているゴールゲッターである。

 ヴォルティスでは苦手なターゲットマンの役割を求められたため低迷し、2007年末に戦力外通告を受けた。再起を誓ったファジアーノ岡山では佐藤寿人に近いタイプのボックス・ストライカー喜山康平とJFL最強2トップを形成し、10月13日現在18ゴールと得点ランキングのトップを走っている。

 梅田と同様に後方からのロングボールの処理を苦手としており、最前線でターゲットマンをやらせると空気化する傾向がある。しかし、喜山とのコンビネーションを見た限りでは、寿人とのぺアならば機能しそうだ。補強候補として一考の価値はあるだろう。


人気blogランキングへ
posted by hume at 19:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の記事に関係のない話ですみません。
Picture of Playerさんにて行われた昨年末の対談で、humeさんが仰った
「俊輔よりも遠藤の方が不要だ。」
この一言がとても気になったので…。
たしかに遠藤のプレースタイルはアジア杯は別として、「オシムサッカー」にはあまり適していないですね。
ガンバとは異なったプレースタイルで頑張ってましたが。

次の質問にお答えいただけないでしょうか。

1.なぜ「必要ない」のか

2.なぜオシムはそんな遠藤を重要していたのか(humeさんの予想を)

3.俊輔や遠藤よりふさわしい選手は誰なのか(できれば数名)

オシムが倒れてしまいもう聞ける機会がないと思いまして。
お願いしますm(__)m
Posted by BEN at 2008年10月20日 19:59
>BENさん
1.ベストポジションがない選手だからです。国語と理科が得意で数学と社会が苦手といったような理系・文系どっちに降ったらいいのかわからない生徒のようなところが沿道にはあります。特徴が中途半端すぎて、どのポジションで使ってもフルに活きない、そのため監督にとって非常に使いにくい選手なのです。そもそもゲームメークができないゲームメーカーって時点で終わっています。

2.遠藤が起用されていたのはJリーグナンバー1ゲームメーカーという意味不明な評価があったからでしょう。オシムは自分の戦術に合わないというだけで国内最高のスター選手をいきなり干す、というような乱暴なことはしません。自分の戦術に適応するチャンスを与えた上で、適応しなかったなら切り捨てるという心づもりだったのではと思われます。

3.広島勢を除くなら谷口、二川、枝村、金崎、増嶋あたりでしょうか。
Posted by hume at 2008年10月21日 20:31
ありがとうございましたm(__)m
なるほど。特徴が中途半端〜という辺りはすごくわかりやすいですね。
ボランチに置いてもパスは上手いのに構成力が無く、攻撃的MFとしてもフィニッシュやチャンスメーク(山瀬等)、機動力(柏木等)に特別秀でているわけではないですからね。

近い理由で阿部や今野、小笠原や小野もオシムジャパンでは厳しいでしょうか。
Posted by BEN at 2008年10月25日 10:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108024310
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。