2009年01月13日

アクションサッカーの理想を体現する広島皆実

●アクションサッカー

 相手(あいて)の攻撃(こうげき)を受(う)けてから動(うご)くことが前提(ぜんてい)になっている「リアクションサッカー」とは違(ちが)い、攻撃(こうげき)でも守備(しゅび)でも常(つね)に自分(じぶん)たちから積極的(せっきょくてき)にしかけていき、試合(しあい)のペースを握(にぎ)ろうとする考(かんが)え方(かた)。

 アクションサッカーはボールが出(で)てから考(かんが)えるのではなく、どこにパスが出(で)るか、どこに味方選手(みかたせんしゅ)が走(はし)り出(だ)すか、どこに危険(きけん)なスペースができるかなど、常(つね)に自分(じぶん)たちで考(かんが)え行動(こうどう)しなければならない。

http://www.daijiten.biz/shoukyu/archives/2005/09/post_114.html


人気blogランキングへ


 望月監督率いる愛媛FCを始めとしてJリーグに“アクションサッカー“を標榜するチームは数あれど、文字通りに実践できているチームは、ほんの数チームに過ぎない。なぜ僅かなチームしか出来ないかというと、難易度が高すぎるからだ。それを高校生がやったというのだから驚きである。

 高校のチームがアクションサッカーを行うには幾つもの困難が付きまとう。選手全員が水準以上のフィジカルとテクニックを兼備し、さらに高い戦術理解力がなくてはならない。そのためJリーグのチームですら、大半が単なる目標で終わってしまう。Jリーグに比べて時間的・人的制限が多い高校ではなおさらだ。大抵は「パスサッカー」「プレッシングサッカー」「リアクションサッカー」のどれかに落ち着くことになる。

 そんななか最後まで理想を貫き通し、栄冠を勝ち取った広島皆実には脱帽だ。パスが綺麗に繋がっただけで満足してしまう某チームの選手たちに、君達の爪の垢を煎じて飲ませたいくらいだ。


人気blogランキングへ

posted by hume at 21:26| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンフレッチェのサッカーは何サッカーなんですかね。皆実とサンフレッチェのサッカーを一緒のカテゴリーにはめてしまうのにはちょっと違和感を感じており。
Posted by cfr at 2009年01月14日 22:12
サンフレのサッカー?

「ハクションサッカー」か「あくしょん仮面サッカー」でよろしいかとw
Posted by トラマ at 2009年01月15日 08:54
うわーダブっちゃった。
humeさん、どっちか消してください
Posted by トラマ at 2009年01月16日 14:34
ううむ、大喜利やりたくなってきた・・。
(コメント欄汚し失礼しましたw)
Posted by cfr at 2009年01月16日 17:09
>cfrさん
サンフレッチェは分類不能ですよ。
なんて表現したらいいのか私にもいまだによくわかりません。

>トラマさん
いま福岡の友人宅にいるので管理できません。
なのでしばらく放置の方向で(笑)
Posted by hume at 2009年01月17日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

J0EA0FC0B0DCB3`C5X31
Excerpt: Jリーグについて調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。と...
Weblog: Jリーグ
Tracked: 2009-01-15 16:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。