2009年02月12日

オーストラリアに完敗した日本

 2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選の対日本代表戦でオーストラリア代表は、明らかに引き分け狙いの試合運びを見せた。オーストラリア代表が引き分けを良しとしたのには様々な理由があっただろう。オーストラリア代表は現在、日本代表戦までの3試合に全勝(勝ち点9)し、予選リーグの首位に立っていた。そのためこの試合で日本代表と引き分ければ、予選突破のボーダーライン勝ち点16まで残り4戦中2勝(+勝ち点6)すればよい勝ち点10の好位置につけることができた。

 チーム状況からいっても引き分け狙いは妥当な選択だった。選手たちは遠く欧州から来日したため、長時間の移動で疲労がたまっていた。さらに時差ボケもあってコンディションが整っていなかった。そして過密日程によって選手の集合が試合直前となり、まんぞくな練習時間も獲れなかった。これだけ悪材料がそろっていて、しかもアウェーでの試合となればオーストラリア代表のピム・ファーベック監督が引き分け狙いというプランを立てたのも当然である。


人気blogランキングへ


 この試合でオーストラリア代表は、一見デタラメな布陣でゲームに臨んだ。フォーメーションは4−3−2−1で、1トップにシャドーストライカーのケーヒル、2列目にドリブラーのホルマンとブレシアーノ、3列目に万能型オフェンシブMFのカリーナ、グレッラ、バレリーが入った。通常このような選手配置はありえない。CFの後列で持ち味を発揮するケーヒルを前線に置いたことは、スピードのあるケーヒルにDFラインの裏を狙わせることが目的だったと説明できなくもないが、それならば2列目にFWへパスを出せる選手がいないというのがまず変だ。2列目にパサーではなく、サイドからのドリブル突破が持ち味のホルマンとブレシアーノを、しかもサイドに開かせず中央で使ったのもおかしいし、万能型とはいえゲームメークの不得手なカリーナ、グレッラ、バレリーにボランチで攻撃を組み立てさせたのも不自然・・・とはいえないか。これは他に人材がいなかっただけである。なぜこのようなデタラメな布陣でオーストラリア代表が試合に臨んだのだろうか?それはピム・ファーベック監督が守備からチームを設計したためである。

 ピム・ファーベック監督の秘策を説明する前に、日本代表の攻撃基本戦術について軽くおさらいしてみたい。日本代表の攻撃の中核となるのは中盤の中村、遠藤、長谷部のパサー3人である。プレッシングでボールを奪うと彼らからすぐさま前線のスペースへ飛び出す田中達、玉田、松井の快速ドリブラーにチャンスボールを供給され、個人技やグラウンダーのコンビネーションでフィニッシュに持ち込むのが、日本代表の一番基本的な攻撃パターンである。中央で展開が詰まった場合は、サイドをオーバーラップする内田、長友にボールを預け、コーナーフラッグ付近までドリブルで切り込みクロスを上げるというオプションもある。0−0で引き分けたいピム・ファーベック監督としては、このふたつの攻撃パターンを封じる手立てを講じる必要があった。

 これに対してピム・ファーベック監督は、ディフェンスのみを考えてチームを創ることにより、困難な仕事ではあったが、見事に日本の攻撃をシャットアウトすることに成功した。ピム・ファーベック監督の打った手はふたつ。ひとつは遠藤と長谷部にホルマンとブレシアーノをマンマークで付けたことである。もうひとつは中村俊にマンマークを付けなかったことである。これだけで日本の攻撃は機能不全に陥ってしまった。オーストラリア代表にとって怖いのは、ボランチにパスをサイドに散らされて、守備陣が左右に振り回されて出来たスペースを高速ドリブラーに狙われることと、カウンターでボランチから縦パス一本で最終ラインの裏を取られることのふたつである。そのため守備の局面だけでなく、攻撃の局面でもホルマンとブレシアーノを中央から動かさなかった。このボランチ・マンマーク作戦は徹底しており、カウンターの局面でも攻め上がった内田と長友の裏をホルマンとブレシアーノに狙わせず、中央で逆カウンターに備えさせていた。セオリー通りならば3トップ気味にしてサイドからの切り崩しを狙うところである。

 二つ目の策は「中村俊をあえてフリーにする」である。さすがに中盤の底でボールを受けた時は潰しに行っていたが、中村俊がサイドでフリーでボールを持ったとしても、オーストラリア代表は距離を取って中村俊に自由にさせていた。中村俊は説明不要の日本代表の大黒柱である。通常ならば「中村俊にマンマークを付けるべき」と思うところだろうが、わざわざ中村俊に自由にプレーさせたのには意味がある。それは中村俊にゲームメークに駈けずり回らせ、チャンスメークに絡めないようにするためだ。遠藤と長谷部にマークが張り付き、中村俊がフリーとなれば、必然的に周囲の選手は中村俊にボールを集め、彼に低い位置からビルドアップしてもらおうとする。フリーなのだから当然、中村俊なら苦も無く前線にボールを送り込むだろう。そうなるとどうなるかというと、日本代表随一のチャンスメーカー中村俊がチャンスメークに絡めなくなる。前線にボールが入れば、ドリブラーばかりの前線は当たり前に攻め急ぎ、そして中村俊が到着する前に攻撃を終わらせてしまうのだ。オーストラリア代表としては中を固めてしまえば、ちびっこドリブラーがガチャガチャやる分には問題なく抑えられると踏んでいたのだろう。わずかなスペースにもアシストパスを通してしまう中村俊を自陣から遠くに追いやってしまえるならば、好き勝手にゲームメークされるくらいなんでもないということである。これらの策によって日本代表は跳ね返されるとわかっているクロスを放り込むのに90分を費やすという憂き目を見た。

 それにしてもこの結果を受けてネット上にはびこる軽薄なコメントの数々は、いったいなんなのだろう。「試合を優勢に進めた。」「強豪オーストラリア代表と互角以上に戦えた」「攻撃が機能していた。」「引き分けだったが内容はこれまでで一番良かった。」正直このようなコメントがあふれるのを見るのは耐え難い。この試合の敗者は日本代表である。勝ち点3を目標としながら日本代表は勝ち点2を失い、勝ち点1しか得られなかった。目標を達成したのはオーストラリア代表で、日本代表は目標を達成できなかった。見せかけの結果に踊らされてはいけないと思うのだが。ピム・ファーベック監督は記者会見で「90分を振り返ると0−0という結果はうれしい」と喜んでいるのを見て、なぜこのようなコメントがあふれるのだろうか。不思議でならない。


http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/text/kaiken/200902090007-spnavi.html


人気blogランキングへ
posted by hume at 19:30| Comment(8) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々に代表戦見ましたがなんかでたらめなチームだな・・・
方針は違うみたいですがちょっとジーコ時代とかぶりました
Posted by TE at 2009年02月13日 11:46
「軽薄なコメント」が多い理由はオーストラリアの実力を過大評価してる人が未だに多いから、というのが一番の理由かなと思います。


試合見ながら俊輔がズルズル下がることが多いなーと思ってて、かなり慎重に試合を進めたがってるのかな?って解釈したんですけど、なるほど、「あえてフリー」にさせられてたんですね。

Posted by カステルス at 2009年02月13日 14:12
>TEさん
どちらもオーストラリア戦で相手監督の術中にハマっているあたりが、イメージがかぶる原因かもしれませんね。

>カステルスさん
これもトラップディフェンスの一種です。
オランダやスペインなど最終ラインからショートパスをつなぐサッカーをする国の監督が、こういった戦術をよく採用しています。
Posted by hume at 2009年02月13日 21:21
こんにちは。いつぞやのアビスパサポです。当時のやり取りで久藤の「チャンスメーク」と「ゲームメーク」で、混同していた者です(苦笑)
このエントリーで区別が分かりました。ただ、自分もそうだったんですが、厳密に区別してない人が多いような気がしますので、「チャンスメーク」と「ゲームメーク」は、定義付けを明らかにしてから、使ってもらった方が、読む方に対して誤読が少なくなるような気がしますね。(例:チャンスメーカー=セルティック:スコットランドリーグでの俊輔、ゲームメーカー=マンU戦での遠藤など。両方やってる場合もありますが)

録画は見直してませんが、スタンドで見る限り、見事に「引き分け」に持ち込まれた試合でした。
このままだとフランスW杯の時と同じくパスは回ったが、点がとれず3連敗という同じ結果になりそうです。
Posted by nettaro at 2009年02月14日 18:14
いつまでたっても書いたコメントが反映されません。
いい加減いらついています。
そろそろシーサーからの移転も考えたほうがいいかもしれませんね。
Posted by hume at 2009年02月14日 18:42
>nettaroさん
実はその件について以前に記事を書いたことがあるのですよ。

http://hume.seesaa.net/article/54663735.html
Posted by hume at 2009年02月14日 18:47
>実はその件について以前に記事を書いたことがあるのですよ。
なるほど定義付けされてますね、きっちり。
>ゲームメークというのはチャンスメーカーがチャンスメークできる状況を創り出すことだと私は考えています。
麻雀に例えるならゲームメークは配牌からリーチを掛けるまでです。
上がるかどうかはチャンスメーカーとフィニッシャー次第。
ゲームメーカーのいないチームは、一牌ツモるごとに何を切るか考える打ち手。
ゲームメーカーのいるチームは、配牌から最終形を想定しながら打つ打ち手。
そんな風に考えるとよいのではないでしょうか。
サッカーも麻雀も刻一刻と状況が変化し、それに合わせて的確に情報収集、分析、選択する能力が必要です。
さらにサッカーは、それらを周囲と連携しつつ実行に移す能力も要求されます。

初心者の方にも優しいように、ゲームメークなどの言葉を使う場合は、リンクを示しておいたらどうでしょうか?

この「違い」が一般層にまで普及すれば、日本サッカーも、また進化するんでしょうが、まだ、そこまでの段階にないのは間違いないでしょうし。


Posted by nettaro at 2009年02月14日 21:55
私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい ヒュームのサッカー学習ノート
Posted by seo services vancouver at 2012年03月03日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

オーストラリア大使館
Excerpt: オーストラリアに完敗した日本2010FIFAワールドカップ・アジア最終予選の対日本代表戦でオーストラリア代表は、明らかに引き分け狙いの試合運びを見せた。オーストラリア代表が引き分けを良しとしたのには様..
Weblog: 今が旬!芸能情報
Tracked: 2009-02-13 02:19

ケネディ「体調悪いから日本戦は出ない」ケーヒル「俺も」ホルマン「嫁が出産するので」
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/06/11(月) 10:39:57.08 ID:XlOe3D7p0 ?PLT(12000) ポイント特典豪州代表は10日午前6時過ぎにブ..
Weblog: 【2chまとめ】ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
Tracked: 2012-06-11 18:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。