2009年02月15日

【戦力査定】モンテディオ山形09

 昨シーズン、プレッシングとパワープレーのチームだったモンテディオ山形だが、今シーズンは、より攻守のバランスのとれたチームに生まれ変わりそうだ。昨年のモンテディオ山形は、ボランチにゲームメーカー型の選手がおらず、相手のプレッシングが厳しいと安易に縦にロングボールを放り込む傾向があった。しかし、今年は守備力と展開力を兼ね備えたキム・ビョンスクとアンドレ・シルバを獲得し、中盤の構成力が大幅にアップしている。アクションサッカーの理想を体現できるか楽しみである。


人気blogランキングへ


 京都サンガへ移籍した豊田が抜けて、懸案となっていたCFの補強にも成功した。新加入のジャジャは、清水エスパルスにいたマルコス・アウレリオと同タイプの快速CFだ。アウレリオをほど動きが洗練されておらず、プレーの選択に多少でたらめなところもあるが、フィールドの中央からなら、どこからでもフィニッシュまで持ち込める生粋の点取り屋である。サイドに流れる傾向のある長谷川とは相性が良いだろう。

 逆に長谷川と相性が悪そうなのがJ1での実績もある古橋だ。古橋は中盤の2列目もしくは3トップのサイドでの起用が濃厚そうだ。2トップのFWとしては長谷川の控えが妥当か。昨季に右サイドのレギュラーだった北村とのポジション争いは、右SBのポジション争いにも影響するだけに注目したい。

 その右SBは、宮本と新加入の小林の争いである。バランス感覚に優れた宮本は、縦への飛び出しを持ち味とする北村と、オーバーラップを得意とする小林は、中央寄りのポジションでのプレーを好む古橋とプレーがマッチしそうだ。右サイドのレギュラー争いは、古橋・小林VS北村・宮本の新旧対決になるかもしれない。

 チーム編成は、例年の昇格チームよりもバランスがとれている。豊田の退団でどうなるかと心配だったが、補強はほぼ万全と言っていいだろう。今シーズンのモンテディオ山形は、少ない戦力を効率よく運用して上位に進出した大分トリニータに続き、残留争いどころか中位以上の結果もあり得ると私は見ているが、さてさて。


人気blogランキングへ
posted by hume at 20:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各誌紙でダントツの最下位候補ですが、
小林さんもいるし、バランスよく粘り強く、
少なくとも甲府の1年目以上にはやるのではないか?と期待しています>山形

開幕戦のヤマスタには注目しています。
Posted by えりぴょん at 2009年02月15日 22:50
>えりぴょんさん
遅レスで申し訳ありません。
アンドレ・シルバがフィットしていないなど、ネガティブな情報もありますが、私も小林監督ならやってくれるのではないかと思っています。
Posted by hume at 2009年02月22日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114296039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。