2009年03月10日

突破力に欠けるミキッチ

 このブログを書いていて一番悩むのが、サッカー専門用語の扱いである。サッカーに詳しいといわれるような人間でも把握しきれないほど新語・造語が大量にあるうえ、言葉によってはプロの間でも異なる意味で使っているモノもある。下手に目新しい言葉を使うと誰も理解できない記事になってしまう恐れが強い。

 例えば「レジスタ(演出家)」という言葉がある。これも人によって定義の異なる言葉だ。一般にレジスタとはボランチ、ピボーテなどと同じく中盤の底で攻撃を組み立てる選手のことを指すのに使われる、割とポピュラーな用語だ。それでは広島で「レジスタ」とは、どの選手のことなのだろうか?答えは、森崎和ではなく青山である。本来レジスタとは、前へ攻め上がり攻撃を組み立てるプレーをする選手のことを指す。森崎和のようにディフェンスの前で攻撃の起点となるプレーヤーのことは「メトディスタ(段取り屋)」というのだ。とはいえ「森崎和はメトディスタだ」などと言っても誰にも通じないため、記事を書く際は、専門誌などにならい、森崎和も青山も一緒くたに「レジスタ」として扱っている。

 「レジスタ」以上に扱いに困る言葉が「突破力」である。黙って通例に従ってさえいれば問題ない「レジスタ」とは異なり、定義があいまいで、それぞれが好き勝手な意味で使っている「突破力」は、非常に使いづらい言葉だ。以前の記事で私は「ミキッチは突破力がない」と書いた。メディアやブログなど各所で「ミキッチは突破力がある」と書かれているが、1試合90分間通して分析した現在でも、その結論に変わりはない。このように異なる結論となった原因は、「突破力」に対する定義にズレがあるためである。


人気blogランキングへ


 ドリブラーは、大きく分けるとテクニック型とスピード型のふたつに分類される。さらにスピード型の中でも縦に速いタイプと横に速いタイプがいる。ミキッチは縦に速いタイプのドリブラーだ。そんなミキッチと同タイプのドリブラーで現在不振にあえいでる選手がいる。セビージャのディエゴ・カペルである。


セビージャのカペル、才能ゆえの限界
木村浩嗣の「帰ってきた・誘惑と憂鬱のスペインサッカー」
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/0809/spain/text/200902240005-spnavi.html




 ディエゴ・カペルとミキッチは、共にテクニックではなくスピードでマーカーを振り切りタイプのアタッカーで、縦のコースを切られると途端に無力化されるという共通点がある。同様のタイプに愛媛FCの江後、ニューカッスルのマルティン・ペトロフがいる。


3:02




 ディフェンダーに縦のコースを切られた場合、木村浩嗣氏は「対角線へ侵入」すれば良いと指摘しているが、ミキッチにそれは難しい。カペルと違って両足を使えるミキッチならば簡単ではないかと思う人がいるだろうが、ミキッチには利き足とは別にネックとなる欠点がある。縦に比べて横への移動スピードが遅すぎるのだ。

 あの異次元のスピードを誇るミキッチを遅いというと驚くかもしれないが、縦に走る場合と横に走る(ジグザグ走)場合では使用する筋肉が異なるため、スピードに差が出ることがある。ミキッチとは逆にインテルのハビエル・サネッティなど「縦には遅いが横には速い」という選手いる。




 ちなみにテクニック系ドリブラーの典型は、同じくインテルのルイス・フィーゴだ。足は速くないが多彩なフェイントでディフェンダーを逆を取ってしまう。



 そしてテクニックだけでなく、縦にも横にも速いという怪物が今年の世界最優秀選手クリスティアーノ・ロナウドである。こうなるとディフェンダーは、ファール以外に止めようがない。




 昨シーズンのカペルは、スペイン代表に選出されるなど絶好調だった。けれども今年は、プレースタイルが変わったわけでもないのに精彩を欠いている。不調のきっかけとなったのはデンマーク代表クリスティアン・ポウルセンの移籍である。ポウルセンは、当時セビージャでゲームメークを担当しており、サイドを変えながらカペルの縦のコースを切られないように攻撃を組み立てていた。今シーズンは、ポウルセンの代わりにキープ力とパスセンスがとりえというFC東京の梶山に近いタイプのコートジボアール代表ロマリック・エンドリが攻撃の指揮を執るようになってしまった。そうしたことからカペルは、常に縦のコースを切られた状態で勝負しなければならなくなり、鳴かず飛ばすの選手生活を送る羽目に陥ってしまった。

 トルコ・キャンプのパルチザン・ベオグラード戦でのミキッチは、カペルと似た立場に立たされた。ストヤノフが欠場し、森崎和がリベロへ下がったあおりで、ミキッチのもとには効果的なパスが供給されなくなり、ディフェンダーに縦の動きを警戒されると急速にパフォーマンスを落としてしまった。ミキッチは、カペルと違い、何度か中にドリブルで切れ込もうとしていた。だがその動きは、縦へのラン・ウィズ・ザ・ボールと比べて明らかに遅く、トップレベルで通用する水準に達していなかった。

 広い意味ではサイドのスペースへのラン・ウィズ・ザ・ボールもドリブル突破に含まれるかもしれない。しかし、ディフェンダーを抜いてこそのドリブルだ。ドリブルとラン・ウィズ・ザ・ボールをわざわざ分けて考えるのも、その点を重視したためである。縦を切られたら空気化してしまう。そんな選手を突破力があるなどと私には到底認められない。

 認められないとは言ってもそれは、突破力があるかないかという話である。突破力が無かろうとミキッチは、非常に優れたアタッカーだ。それだけは間違いないと保証する。ストヤノフと森崎和が健在ならば縦横無尽に活躍してくれることだろう。私も今週末にビッグアーチで生ミキッチを観ることを今から楽しみにしている。


人気blogランキングへ
posted by hume at 22:23| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突破力がある、は難しいですよね。自分は
裏へのフィードにうまく走りこんで
裏へ抜ける、という意味で突破をつかったりもしますし。
ミキッチですがドリブル突破でいうと、縦、縦でしたし、縦を切られたら外へもちだしCKゲットって感じでしたよ。
中に切れ込んで何ができるかは見てみたいですね。
Posted by cfr at 2009年03月10日 23:29
>cfrさん
裏への飛び出しの場合は、他にもペネトレーション、インベーション、ラインブレイクといいますね。
しかもラインブレイクは、ラインディフェンスからマンマークディフェンスに移行する場合にも使いますから、もうわけがわかりません。

ミキッチは、ハイデュク・スプリト時代の動画だと中に切れ込んでスルーパスを通していたので、広島でも寿人にアシストするところがみたいですね。
Posted by hume at 2009年03月11日 19:06
jデビュー戦ということで、一般の視点では実力が未知数だったミキッチ。良い意味で期待を裏切るパフォーマンスで「こりゃスゴイの獲得してきたな!」なんてミーハーな人たちが騒ぎ、ちょっとしたミキッチフィーバーになっちゃってますね(笑)試合数を重ねるうちに「最初だけかよ!」って、突っ込みを入れざる得ない状況にならないように願いたいです。土俵は違うけどプロ野球ではよくある事なんで・・・。
Posted by デジタル5ch at 2009年03月12日 12:46
 すいません、こんだけウソ八百書きならべて評論家ヅラし、それに対して信者様が称賛コメント書き連ねるブログ久々に見たので記念カキコしますw いやマジで記念。

> トルコ・キャンプのパルチザン・ベオグラード戦でのミキッチは、カペルと似た立場に立たされた。

 ほおー。

>ストヤノフが欠場し、森崎和がリベロへ下がったあおりで、ミキッチのもとには効果的なパスが供給されなくなり、ディフェンダーに縦の動きを警戒されると急速にパフォーマンスを落としてしまった。

 ほおーーー

>ミキッチは、カペルと違い、何度か中にドリブルで切れ込もうとしていた。だがその動きは、縦へのラン・ウィズ・ザ・ボールと比べて明らかに遅く、トップレベルで通用する水準に達していなかった。

 ほおおおおおおおお
 
 そりゃすごい。新情報だ。で、
 
 
 お 宅 、 ト ル コ に い た の ?
 
 

 キャンプで見てきたの? ナカノンの近くで見てたの? オレの聞く限り、トルコに行ったサポーターって数えるほどなので、すぐに特定できるんだけど。
 
 一応、2月の日記確認したんだけど、パルチザン戦が行われた2日後に御宅が書いてるのは日本vs.オーストラリアのテレビ観戦レポで、とてもじゃないけど「トルコに行ってた人」が書ける内容じゃないと思うんだよね。

 実際にトルコに行って見て書いてるならまだしも、ナカノンのレポから類推するだけか、「youtubeのたった数分間の動画」から思い切り妄想の羽を広げて虚空へ羽ばたいてるんだったら色んな意味でお疲れさまです。


 んで、ミキッチが「横に遅い」という傍証がどこにあるのかな? そもそもサイドアタッカーを縦に切るのはDFの基本的な所作の一つで、それをやられたからといって手詰まりになるようなレベルの選手じゃないことは

 ミ ー ハ ー の私  

 ですら簡単に認識できましたよあの1試合で。頼むから、せめて「横のスピードがない」という信頼できるデータを持ってきてよ。彼はディナモで相当な試合数出てるわけで、そのうち「縦を切られる」なんてことはほとんどの試合で経験してると思うんだけど。

 いやマジで。見えてる見えてない以前に「主張」「論拠」「データ」のうち主張ばかりが飛び抜けていて、しかも絶望的なほど的外れで、それなのに異常なほど自分に自信持ってるってちょっとね。まずは「自分の主張の根拠はどこにあるのか」という基本中の基本からスタートしたほうがいいよ。
Posted by none the less at 2009年03月12日 20:26
ついでに言っとくと、

> このブログを書いていて一番悩むのが、サッカー専門用語の扱いである。サッカーに詳しいといわれるような人間でも把握しきれないほど新語・造語が大量にあるうえ、言葉によってはプロの間でも異なる意味で使っているモノもある。下手に目新しい言葉を使うと誰も理解できない記事になってしまう恐れが強い。


 そんなことないよ。新語が出てきて困るのは、事情を知らない素人さんだけ。書き手が本質をよく分かっていれば、用語はいくらでも簡単にできる。

 それができないのは、その人が本質をつかんでいないからです。ご愁傷様。
Posted by none the less at 2009年03月12日 20:28
傍証って言葉、僕も好きです。
Posted by ミキティ at 2009年03月12日 22:03
>none the lessさん
さすがにトルコには行ってません。
一度は行ってみたいですね。
そしてパルチザン戦は、パルチザンのHPに90分の動画があり、それを観ました。
現在は観られないようです。

そしてDFが「縦を切る」のは確かに基本です。
しかしディフェンダー二人がかりで切るというのは基本ではありません。
縦にしか突破できないことを見越した上での特別な守備陣形です。

データですか。ミキッチのフィジカル・データは、サンフレッチェの社外秘なので、チーム関係者出ない私には入手できません。
なので速いか遅いかは、頑張って試合を観て、ご自分でチェックなさってください。

書き手が本質を解っていれば確かに簡単に書けますね。
まぁ、私の実力不足ということなんでしょう。
残念。
Posted by hume at 2009年03月13日 00:22
 もう一回言っとくけど、あなたの主張は「主張」ばっかり突出して、根拠に乏しく、従って「妄想」の域を出ていないんです。

>そしてDFが「縦を切る」のは確かに基本です。
>しかしディフェンダー二人がかりで切るというのは基本ではありません。
>縦にしか突破できないことを見越した上での特別な守備陣形です。

 違うね。「縦へ強烈な突破力がある選手」に対するスクランブルだよ、それは。FPは10人しかいないのに、そのうち2人で縦を切るようなのは「特別」なやり方。特別なやり方をしなきゃいけないなら、それはその選手が「特別な突破力がある」証拠。

 お宅が示した論拠は「ミキッチが突破力に極めて優れた選手」ということを図らずも裏付けている。たったこれだけの短い文章なのに、お宅の主張はもう破綻してる。これもそうだね。

>データですか。ミキッチのフィジカル・データは、サンフレッチェの社外秘なので、チーム関係者出ない私には入手できません。

 社外秘て(笑)。じゃ、お宅は社外秘(笑)であるデータを入手できないのに、たかだかストリーミング放送の1試合やそこらでミキッチの力量をミキッた(笑)わけですね。

 パルチザン戦のストリーミングは僕も見たよ。でも、あの1試合で判断できることは多くなかった。所詮が動画にすぎず、情報量に乏しいから。サッカーって動画や映像で判断できるものより、「映っていない局面」で決まることが物凄く多いんだ。DFとの駆け引き、ポジショニング、動き出すタイミングと方向、フェイクの掛け方、相手を自分のどこに置くのか、etc. そしてそのポイントのほとんどは、画面に映らない。だから、選手を見極めるためにはせめて1試合をスタンドレベルで俯瞰しないといけない。

>なので速いか遅いかは、頑張って試合を観て、ご自分でチェックなさってください。

 こんなこと言ってる時点で「僕は見えてません」て告白してるのと一緒なの。お宅の主張の特徴は「ボールがあるところの話しかしてない」ってことだけど、それは情報量の少ない動画の、さらに目立ったところを切り取ったハイライト映像だけを見て判断する悪癖がついてるからだと思うね。

「奇抜なことを言いたい」「人とは違うと思われたい」のは分かるよ。だけど、根拠の薄い論をいくらツギハギしようと所詮は空理空論、妄想の域を出ない。そんなんじゃ、ホントの意味で読者からの敬意は得られません。せいぜいが、同じレベルで妄想を組み立てたい信者様からの薄っぺらい信仰でしょ。そんなのでホントにいいのかい? 

 まあ、最後はお説教になっちゃいましたが。積極的にブログを更新すること自体は良いことなので、「ちゃんと根拠を持って発言する」とこから始めてくださいよ。応援してますから。
Posted by none the less at 2009年03月13日 09:57
怖えええ/(^o^)\
Posted by なんか at 2009年03月13日 12:51
>none the less
で!?
アナタは典型的な荒らし屋さんですか?
別にサッカー協会公式とかチーム公式ブログではないので、データ不足だだとか、根拠が無いとか関係ないんじゃないの?
ヒドイ文章だと思うなら見なければOKでしょ?それでも、最後に「応援してますから」って、オチは爆笑モンですよ(笑)
人の文章の揚げ足を取って「こうじゃなくて、こうだ!」と言う以前に、アナタが思うミキッチ評を断片的な内容でなく、きちんとした文章にしてみてはいかが?
“論”には“論”で対抗してくださいね。
とりあえず、日曜日にサンフレホーム開幕戦がありますから、ブログ主とnone the less さんそれぞれに試合レビュー載せてみてください!
Posted by デジタル5ch at 2009年03月13日 13:01
>ミ ー ハ ー の私

>「奇抜なことを言いたい」「人とは違うと思われたい」のは分かるよ。

なるほど分かり易い。
Posted by ぽらいと at 2009年03月13日 14:07
noneは嫉妬の塊だな。メンヘル異常者としか思えん。
Posted by チャッキー深沢 at 2009年03月13日 16:46
>コメントされた皆さんへ
none the lessさんとメッセージをやり取りした結果、これ以上の議論は行わないことになりました。

これで終結です。
Posted by hume at 2009年03月13日 18:01
humeさんのみならず、コメントを返している人も含めて馬鹿にしたわけですから、然るべきとこで謝罪があるべきだと思います
・・・が、humeさんが怒りをおさめたなら
自分もおさめます。怒りっていうよりは悲しみですけどね。
Posted by cfr at 2009年03月13日 18:42
言葉遣いは乱暴だけどnone the lessさんが言ってる事はおかしくないように思えます。
こちらの魅力が「大穴狙い」「人が言う事とは違う事」でそれは面白いですし勇気は買いますけど、少ない情報や思い込みからの飛躍がまま見られますし、それをそのまま鵜呑みにする閲覧者もいるので悪影響も大きいです。個人的には「那須」という文字列を見る事も嫌になりました。
こういうスタイルで書かれるなら、結果が出てからの自説の再検証が必要かなと思います。実際に過去1年くらいのご自身の記事を見返してみられては?
Posted by たまに覗いてる人 at 2009年03月13日 22:40
>たまに覗いてる人さん
那須について何か異論があるのでしたら、ご自由にコメントなさってください。
そのためのコメント欄でもあるわけですから。
Posted by hume at 2009年03月13日 23:30
humeさんはKINDさんと同じ匂いがしますね。
批判から始めて独自色を打ち出す。

サンフサポはまだまだ少ないので、これからもサンフ評論家としての活躍を期待しています。
Posted by たまに覗いてる人2 at 2009年03月14日 01:02
初めの頃から覗いていますが、近頃のコメント欄の活況は凄いですね。

いろいろな人に関心持たれている証左です。

これからも楽しみにしています。
Posted by たまに覗いている人3 at 2009年03月14日 20:38
 顛末を説明しないまま消えるのも何なので、説明します。まず僕はHNを他に持っており、そのHNで書きこまずにnone the lessという捨てHNで書きこんだわけです。

 自分としては別段「荒らしている」という自覚はなかったのですが、管理人さんがアクセスログをたどって僕のmixiにたどり着いた。そこで話し合いを持った結果「今回は打ち止めにしよう」となったわけです。

 捨てHNで書きこんだのは、単純に「ここの議論を本HNに持ち込みたくない」という理由です。が、確かに本HNを持ちながら批判的なコメントを捨てHNで書くのは良くない。法的には問題なくとも、モラル的に。

 もっといえば、上のコメントを書く際には若干イライラしていました。そのため、「嘘八百」とか「信者様」という表現を用いました。この点、お詫び申し上げます。

 そしてそれらの点を踏まえてもなお、管理人さんは寛大にも「ここで手打ちにする」という提案をしてくださったわけです。管理人さんの懐の深さに感謝します。
 
 ただ、自分が書いた内容自体は別に取り下げるつもりはありません。「穏やかに話をしましょう」というご提案を頂き、それは非常に真っ当なことなので、次回書きこむ際には折り目正しくコメントさせて頂きます。
 
 どうも、今回は失礼いたしました>管理人様、皆様
Posted by none the less at 2009年03月15日 01:27
>none the lessさん
今回、私が議論を終わらせるように提案したのは、私の都合ではなく、あくまでもあなたの都合に配慮したためです。

そして「これ以上の議論をしない」との取り決めのとおり、私は反論せずに終結宣言を出しました。

それなのになぜあなたは、新たに自説の正しさを主張されるのですか?

これ以上は、約束が反故になったものと判断しますよ。
Posted by hume at 2009年03月15日 18:03
>たまに覗いている人1,2,3
管理人が終結宣言出してるんだから、話しをぶり返すんじゃないよ!
しかも、今後も応援してます的なオチ。
っと、その前に自作自演おつかれさまです。
none the lessさん(笑)

>none the lessさん
この期に及んで、己の言い分を正当化してサヨナラとは虫が良すぎますね(苦笑)もう来ないでくださいね!
Posted by デジタル5ch at 2009年03月16日 13:49
>たまに覗いている人1,2,3
管理人が終結宣言出してるんだから、話しをぶり返すんじゃないよ!
しかも、今後も応援してます的なオチ。
っと、その前に自作自演おつかれさまです。
none the lessさん(笑)

>none the lessさん
この期に及んで、己の言い分を正当化してサヨナラとは虫が良すぎますね(苦笑)もう来ないでくださいね!
Posted by デジタル5ch at 2009年03月16日 13:51
管理人の文章がいつも断言的だから反感を買うのだろう。

たとえばミキッチについて昔の動画をみただけで
彼は突破力と守備に難がある。とかいってみたり。
もうちょっと読者に想像させるような書き方をすればいいのにとおもった

Posted by キミッチ at 2009年04月27日 14:04
casio g スント 目覚まし http://www.patekphilippeespecially.asia/
Posted by 目覚まし at 2013年07月28日 04:32
時計 ベルト 時計 懐中 http://www.srhrf.info/
Posted by 時計 懐中 at 2013年07月28日 04:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。