2009年03月17日

【広島VS大宮】ロングパスは不信のあかしではない

 「サンフレッチェは徹底的にショートパスを繋いで攻撃を組み立てるチーム」だと考えている人は多い。しかし、それは大きな誤解だ。サンフレッチェは、あくまでも「徹底的にパスを繋ぐチーム」であって「徹底的にショートパスを繋ぐチーム」ではない。


人気blogランキングへ


 サッカーで攻撃のビルドアップの方法は、全部で3種類ある。ショートパス主体の組み立て、ロングパス主体の組み立て、そしてショートパスとロングパスをミックスした組み立てだ。サンフレッチェは、3番目のミックス型のチームである。ちなみに次節対戦する鹿島アントラーズもミックス型のチームだ。

 サンフレッチェが大宮アルディージャのようなハイプレッシングサッカーを行うチームと対戦する場合、最初に試みる攻撃パターンは、DFラインの裏へ飛び出す寿人、ミキッチへのロングボール攻撃だ。「裏を取るぞ」とDFを脅すことによって最終ラインを押し下げ、プレッシングを機能不全に追い込むという目的である。この攻撃の恐ろしい点は、単に脅すためだけの捨て石のようなロングパスがほとんどなく、一本一本に実効的な狙いがある点だ。先制ゴールもPKを取ったシーンも、攻撃の起点となったのは槙野、服部のロングパスだった。結局、前半20分にサンフレッチェは、ロングボール攻勢によって、大宮の最終ラインを下げ、プレッシングを機能不全に追い込むことに成功した。

 通常の試合ならばプレッシャーの軽くなった時点でショートパス主体のビルドアップにシフトチェンジするところだが、この試合では継続してロングパス主体の組み立てが維持された。これはチーム戦術の根幹をなしていたプレッシング・ディフェンスが破たんにより、大宮の中盤の守備組織が空中分解し、サンフレッチェ側はロング&ミドルレンジのパスを通し放題な状況だったためである。それはロングキックに定評のあるストヤノフや青山だけでなく、森崎和や森脇さえもロングパスでビルドアップしようとしていたほどだったことからも窺える。

 サンフレ系のブログの一部で「ストヤノフがショートパスを繋がずロングボールを蹴ってしまうのは、周囲を信頼していないからだ」との主張がなされた。しかしこの論法が正しいとするならば、後方の選手全員が互いを信用していなかったことになる。もちろんそんなことはありえない。ストヤノフをはじめ選手たちは、効果があると考えたからショートパスではなくロングパスを選択した、ただそれだけの話なのである。


人気blogランキングへ

posted by hume at 21:04| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ストヤノフに関していえばロングパスの成否よりもドリブルのひっかかりが印象を悪くしたんだと思います。ひっかからなければスーパープレーなんですがねえ。

Posted by cfr at 2009年03月18日 00:07
自分もストヤンが周囲を信頼していなかったからかと思ってたんですが、言われてみればなるほど。確かにストヤン以外にもロングパスが多かったですね。

一つ気になることがあるのですが、去年に比べ、ストヤンからアキへのバックパスが減ったように思います。これにはなにか理由があるのでしょうか?アキが信頼されてないだけなんでしょうか。
Posted by 四国熊 at 2009年03月18日 00:12
>cfrさん
数的優位じゃない状況でドリブルで突撃したのはさすがに悪印象でしたね。
せっかく変則4バックなんて戦術を採用しているんですから、キチンと数的優位をつくってからでないと。

>四国熊さん
それはミキッチ加入の影響でしょう。
昨年は寿人一人しかロングパスのターゲットがいませんでしたから、寿人が抑え込まれたなら、リスク覚悟でGKを絡めてショートパスをつないでいく必要がありました。
ですが、今は寿人とミキッチ二人のターゲットがいます。
パスの受け手が増えた分ロングパスの比重も増えたのでしょう。
Posted by hume at 2009年03月18日 20:42
そのあたりにもミキッチ獲得の効果が出てたんですか。ミキッチの影響はホントに大きいですねぇ。
Posted by 四国熊 at 2009年03月18日 23:24
確かにストヤノフ、青山はもちろん森崎兄弟、柏木、高萩など局面によってはミドルレンジのパスを多用していた印象があります。どうみてもミックス型ですね。
この戦い方なら普通に勝てると思って見てたのに、甘かった…orz
Posted by asshi at 2009年03月20日 03:58
 どうも、“はじめまして”w ツッコミ入れさせてください。

>サンフレ系のブログの一部で「ストヤノフがショートパスを繋がずロングボールを蹴ってしまうのは、周囲を信頼していないからだ」との主張がなされた。

 と

>しかしこの論法が正しいとするならば、後方の選手全員が互いを信用していなかったことになる。もちろんそんなことはありえない。

 これの繋がりがありません。弊ブログでは前段の主張を確かに行いましたが、その内容は「ストヤノフが後方の選手を信頼していない」というだけのこと。humeさんの書いているとおりなら確かに「ありえない」でしょうが、そんな主張をしている人はたぶんいないでしょう。
Posted by KIND at 2009年03月22日 00:21
>ストヤノフをはじめ選手たちは、効果があると考えたからショートパスではなくロングパスを選択した、ただそれだけの話なのである。

 この主張にも疑問があります。


■1)本当に効果的だったのか。
⇒「効果がある」と考えた結果ロングフィードを連発したなら、当然効果が多くなければいけません。

 しかし、例えば服部へ向けたロングパスがタッチラインを割るシーンの多さ(記憶するだけでも2回はありました)、ストヤノフがロングフィードを通そうとして引っ掛かった2失点目などは明らかな失敗です。全体を通して、必ずしも効果的だったとはいえないのでは。

■2)戦術無視ではないか
⇒広島の戦術がショートパス主体であることは論を待ちませんし、humeさんもお書きになっている通り。

 ただ、主体はあくまでショートパスです。ショートパスでつなげる局面、ゴールを急ぐ必要のない局面でもロングフィードを蹴ることは「戦術の無視」ではないでしょうか。

■3)その判断に妥当性はあるか、
⇒戦術の無視である場合、その判断にはハイレベルの妥当性が必要です。

 が、上記の通り失点につながるミスがありました。「妥当ではなかった」と考えるのが普通だと思いますが。
Posted by KIND at 2009年03月22日 00:25
>KINDさん
 ここで問題となるのは、ロングパスが戦術に組み込まれていたのか否かと、それが効果的であったかどうかですね。

 戦術に組み込まれておらず、ショートパス主体で攻撃を組み立てるというチーム方針だったならば、ストヤノフがチームメートを信頼せず独断専行したことになります。

 しかしロングパスは、チーム戦術に組み込まれています。例えばストヤノフだけでなく青山もロングパスを多用しているのがその証拠です。青山は、昨年の7月にJ'sゴールのJ2月間MVPを取った際にロングパスの本数ではベスト10に入り、成功率では80,4%という驚異的な数値を記録しています。さらに大宮戦に限ればストヤノフと青山だけでなく、森崎和が何本も中長距離のパスを通していました。これでロングパスが戦術に組み込まれていなかったとするなら、ストヤノフだけでなく青山も森崎和も戦術を無視したということになります。

 効果的であったかについてですが、上記のとおり、一点目は槙野から佐藤寿へのロングパスが起点となっていました。PKを取ったシーンでも服部のフィードを高萩がダイレクトでゴール前に折り返したことによって生まれたものです。さらに言うなら、ストヤノフは大宮の最終ラインの裏のスペースにロングボールを放り込むことによって、前半20分の時点で大宮のハイプレスを無効化することに成功しています。

 そして確かにストヤノフは、何本かのミスはありましたが、それはあくまでもストヤノフ個人のパフォーマンスの問題であって、ロングパス戦術が効果的であったか否かとはまた別問題です。その点を混同してはいけません。

 チーム全体で考えたならば、ロングパスは十分に効果があったと判断するのが妥当なのではないでしょうか。

 
Posted by hume at 2009年03月24日 18:32
>asshiさん
やはり前線と最終ラインのパワー不足はいかんともしがたいですね。
盛田が二人欲しいくらいですよ。
Posted by hume at 2009年03月24日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115808136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。