2009年03月30日

【広島VS浦和】5バックのプレッシング・サッカーってありなのだろうか

 ナビスコ杯初戦の広島VS浦和戦で珍しいものを観た。5バックのプレッシングサッカーである。通常プレスを掛けようと思った場合、中盤以前の守備ブロックには最低6人の人員が必要である。5人以下だとスペースを埋めきれず、空いたスペースから簡単に突破を許してしまう。実際、この5バックのプレッシング・サッカーは、理論通りに空いたスペースを狙われ、あっさりと相手のパスワークに切り崩されていた。


人気blogランキングへ

 ちなみにこの珍妙な5バック・プレス、やっていたのは、広島ではなく浦和である。CBの戦術理解が壊滅的で4バックは無理と判断したのか、浦和のフィンケ監督は、守備の際には左サイドハーフの原口をDFラインに下げた5バックを採用していた。

 この5バック・プレスは、理想と現実の狭間で生まれた妥協の産物なのだろうが、正直な話、何のメリットも見いだせない。昨シーズンまでの5バックのリアクション・スタイルに戻すか、あくまでも4バックで理想を追うか、はっきりさせたほうが良い結果を生むと思えるのだが。


人気blogランキングへ
posted by hume at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
赤サポです、、、

壊滅的といわれてしまうCB(CBとしての動き、仕事が出来てないってことですよね?)
に加えて、動かない、動けない、どうしていいのかがわかっていないSB、
なかなかに苦戦しておりましていろいろ憂慮してはいるのですが、、、

一点だけ、、、今シーズンのうちの監督はオジェックではなくフィンケさんです。。。。
Posted by えりぴょん at 2009年03月30日 22:49
>えりぴょんさん
やってしまいました。
修正しておきます。
Posted by hume at 2009年03月30日 22:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。