2009年05月10日

【千葉VS広島】システム・戦術を固定する不利

 システム・戦術を固定することによる一番のデメリットは、相手に対策を立てやすくしてしまうという点にある。ジェフ千葉のミラー監督と浦和レッズのフィンケ監督は、ともに欧州出身の理論派監督として知られた4−4−2のパスサッカーの信奉者であり、自分のサッカー哲学を容易には曲げないタイプの指揮官である。その2人が広島対策として、そろって4バックではなく5バックを採用していた。


人気blogランキングへ

図1             
      巻
 谷澤 アレックス 深井
    中後  下村
青木 ボスナー 坂本 和田
      岡本

図2
     巻
          深井
  アレックス 
谷澤  中後  下村
青木 ボスナー 坂本 和田
      岡本

 図1のように4−2−3−1と認識している人が多いようだが、実際は図2のような変則5バック気味の4−3−1−2だった。青木がミキッチへマンマーク気味に張り付き、空いたスペースを中後、下村、もしくは谷澤が適時に最終ラインへ下がって埋めていた。

 広島が一番得意とする攻撃パターンは、まず1トップ2シャドーがオトリとなって相手の4バックを中央へ引きよせ、空いたサイドのスペースへ走り込む両ウイングへ、中盤の底からストヤノフらがロングパスを放り込み、そして相手のDFラインがサイドに広げられ中央が手薄になり守備のバランスが崩れたところをゴール前にクロスを合わせるというものである。前節に広島は、このパターンでFC東京から先制のゴールを奪っている。

 千葉の5バック・ディフェンスは、この広島の攻撃に対して非常に有効だった。最終ラインに5人のDFが並ぶことによって、ミキッチ、服部が飛び出すスペースを消し、広島のロングパスによる横の揺さぶりを封じることにある程度成功した。

 とはいえ付け焼き刃の策だったこともあり、不備な点も見られた。中後と下村のあいだでうまく連携が取れず、同時に下がって6バックになったり、逆に2人とも中盤に残って青木とボスナーのすきまにギャップを創ってしまったりしていた。1点目の高萩のゴールも、柏木がGKと1対1になったシーンも、このスペースから生まれたものである。

 けれどもこの問題点は、ハーフタイム中にミラー監督によってあっさりと修正されてしまった。DFラインのスペースケアは、左SHにポジションを移したアレックス一人に任されたことにより、コンビネーション不足によるチグハグなプレーは見られなくなった。その後、3人の交代選手を投入し、逆転を狙った広島だったが、結局45分間を千葉ディフェンスに守り切られ、8試合ぶりの黒星を喫してしまった。

 もちろんこの敗戦の原因は、戦術面だけでなく、フィジカル面にもあった。前半の時点で緩慢な動きでポジショニングの修正に手間取る場面が見られるなど、選手が連戦により疲労困憊していたのは明らかだった。だが、体調が万全だったとしても、結果に大差はなかったのかもしれない。今回のようにショートカウンターとセットプレーによる失点や前線のパワー不足によって攻めきれない事態は、ペトロヴィッチのサッカーには当初から想定されたことである。

 このサッカーを続けていく以上、今後も対戦相手が同様の策を取ってくる可能性は高い。そろそろペトロヴィッチ監督は、5バック対策に本腰を入れる必要があるのではないかと思う。


人気blogランキングへ
posted by hume at 22:11| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
内容にはかなり同意できるんですが
ミラー監督とフィンケ監督って全然違うタイプの監督じゃないですか?
少なくともミラー監督がパスサッカーをやろうとしてるようには全く思えないのですが
Posted by _ at 2009年05月11日 06:34
>_さん
実際の千葉のサッカーは、縦に速いサッカーですね。
けれどもミラー監督の哲学は、あくまでもリバプールのようなプレッシング&ポゼッション・サッカー。
選手の能力もあって思い通りのサッカーは出来ていませんが、守備に難のある工藤やアレックスをボランチに起用するなど、理想を捨てずパスをつなぐ意思は見せています。
Posted by hume at 2009年05月11日 08:58
4バックなのか5バックなのかしばらく見ていても
よくわからなかったのですが納得できました。
坂本のセンターバックもやっかいでしたね。寿人にとっては。
Posted by cfr at 2009年05月11日 14:13
>cfrさん
確かに。
あれならまだ池田のほうが楽でしたね。
Posted by hume at 2009年05月11日 21:54
池田だったらあっさりやられてたと思います。笑
広島は疲れてましたねー。柏木と青山が全然動けてなかったような。正直、それで勝てました。あと、やはりロマンに死す感じは変わってないですね。うらやましいです。
Posted by タカク at 2009年05月11日 23:17
>タカクさん
そのロマンが何なのかよくわからなくなるんですよね。
選手選考なんかを観てると、全員攻撃にうるさい割には、全員守備は結構軽んじてるんですし。
どうせこだわるなら全員守備にこだわってほしかったです。
そうだったならJ2降格なんて悪夢を見せられなかったのではといつも思ってしまいます。
Posted by hume at 2009年05月12日 01:00
遅れてのコメント失礼します。
はじめまして。 いつも楽しくに拝見してます。

>このサッカーを続けていく以上、今後も対戦相手が同様の策を取ってくる可能性は高い。そろそろペトロヴィッチ監督は、5バック対策に本腰を入れる必要があるのではないかと思う。

同意です。
humeさんとしては、新選手獲得以外の方法でどのような5バック対策を考えますか?








Posted by shikikof at 2009年05月13日 13:01
>shikikofさん
ひきこもる相手を攻め崩す方法は、ドリブル突破、ミドルシュート、パワープレーの3点セットが一般的です。

千葉戦でペトロヴィッチ監督は、ドリブルとミドルシュートによる打開を選択し、平繁と楽山を投入しましたが、うまくいきませんでした。

そうなると残る選択肢は、パワープレーですね。

あの試合のサブメンバーでパワープレーを追求するなら、高さのある久保、盛田、中島、そして槙野を前線に入れ、あとはクロスに定評のあるリハンジェを右サイドに起用するくらいでしょうか。

まぁ、これはペトロヴィッチ監督いわく「我々のサッカーではない」らしいので、実際にやることはないでしょうけど。
Posted by hume at 2009年05月13日 20:41
おっきい人が投入されたわけでもないのに
盛田がピッチ脇にたったときは、
「柏木と交代して寿人と盛田の夢の2TOP? 
 うそー。おじさんやるじゃん」
とウキウキしてたんですが・・・。
Posted by cfr at 2009年05月14日 18:41
humeさん 回答ありがとうございます。
納得しました。

>そうなると残る選択肢は、パワープレーですね。


私が練習を見る限り、30分限定なら久保のジャンプ力を使ったパワープレーは効果的だと思うのですがね。監督には今のサッカーをベースにしながらも、試合の状況によって臨機応変に対応する柔軟さも見せて欲しいです。

それから今期の初期の頃の試合で見られた、
相手サイドを深くまで進入した状態で、最前線の味方選手へ真横にクロスを上げるのではなく、その一段後ろ側のフリーな味方選手に対し斜め後方へのクロス(パスというのかな)をして、ボールを貰った一段後ろの選手の判断で、ミドルシュート、逆サイドへのパス、最前線の選手へのパスを選ぶ、
というスタイルを、真横へのクロスと混ぜて行って欲しいです。

これならベースのサッカーを崩さず、選手たちの工夫だけでも改良できると思うので現実的だと思うのですがね。



Posted by shikikof at 2009年05月16日 08:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。