2009年06月19日

【日本代表】勝ってしまったオーストラリア代表の不幸

 オーストラリア代表は弱かった。主力が出てなかったことを差し引いて考えても弱すぎた。弱いオーストラリア代表に日本代表がなぜ負けてしまったのか、それをこれからオーストラリア代表の戦術分析をメインにすえて解説したいと思う。


人気blogランキングへ


 オーストラリア代表のフォーメーションは、日本代表と同じ4−2−3−1。攻撃はケネディ、ケーヒルへの最終ラインからのロングボールが中心で、ホームにもかかわらずショートパスを繋いで攻めようなことはしなかった。

 これは中盤の底にいたグレッラとカリーナに原因がある。グレッラもカリーナもオフェンシブな攻守万能型MFで、歯車として優秀でもチームの軸は荷が重いといったタイプだった。この2人のダブルボランチは、ゲームを組み立てられず、守備のバランスも取れずとデメリットが少なくないコンビだ。とはいえ彼らの代役がいないのもまた事実で、オーストラリア代表のピム・ファーベック監督もW杯本大会まで頭を悩ませることだろう。

 この試合に限って言えば、攻撃で足を引っ張っていたのは、このコンビだけではなかった。彼らの前に陣取る4人のアタッカーも低調なパフォーマンスに終始していた。攻撃の奥行きも幅もまるでなく、サイドからクロスを上げたシーンも、DFラインの裏へ走り込むシーンも、ほんの数回しか見られなかった。しかし、彼らにも弁護の余地がないわけではなかった。それは彼らが全員トップ下をベストポジションとする選手たちだったからである。

 右SHのステリョフスキーは、本来CFのやや後方が主戦場であり、カールもドリブルとプレースキックを武器とする日本代表で言うなら中村憲のような選手だった。ケーヒルは説明するまでもないだろう。

 名古屋グランパスの移籍がほぼ決まっているケネディは、見た目こそどうみてもCFだが、194センチの長身を買われて前線で起用されているだけで、後方からのロングボールにはほとんど競り合わず、パスを外す動きも少ない。いちおうクロスのターゲットにはなるが、CFにはあまり向いていないのだ。むしろ体格を生かした懐の深いボールキープや足元のテクニックに特徴のある選手だった。以前の所属チームでもたびたび中盤で起用され、この試合でも交代出場のマクドナルドの1トップ下でプレーしていた時間帯が、一番パフォーマンスが良かった。名古屋もひどい買い物をしたものである。

 トップ下4人の同時起用は、どう考えても無理があり過ぎた。アタッカーがピッチの中央に集まってしまため、橋本と今野のダブルボランチの守備網に完全にからめとられてしまい、流れの中では1ゴールも挙げられなかった。

 ディフェンスもオフェンスに負けず劣らず悲惨なものだった。CBのノースと二ールは、SBもこなす守備のユーティリティで機動力を備えていたが、どちらもラインをコントロールすることが出来ず、裏のスペースに飛び出されると、ズルズルとDFラインを下げる傾向があった。しかもダブルボランチがそろってスペースケアを苦手としていたため、空けてはならないMFとDFの2ラインの間がしょっちゅう空いていたのだった。これで日本代表が中央突破主体で攻めていたなら守備がズタズタにされていたことだろう。けれども幸運なことに日本代表の攻撃はサイドアタックが中心だった。

 好パサーとスピーディーなFWが揃う日本代表が、なぜサイドアタック主体なのか、オースラリア代表側も正直わけが分からなかったのではないだろうか。クロスへの対応を得意としているのは岡崎一人だけなうえ、その岡崎もCFがDFの注意をひきつけているうちにスペースに飛び込みクロスに合わせるシャドーストライカータイプだった。玉田がサイドに流れがちで実質0トップの日本代表では、岡崎も常にCBの監視下に置かれていた。さすがの岡崎も大型CBとのガチンコ勝負では歯が立つわけもなく無得点に終わってしまった。

 このように書くと大型FWの不在がクローズアップされてしまうかもしれないが、問題はそこにはない。問題なのはDFとの駆け引きに長けたCFを起用しなかった点だ。小柄でもゴール前でマークを外そうと細かく動きまわれる佐藤寿や興梠のようなCFがいたなら、CBの注意を引きつけ、岡崎らシャドーストライカーをフリーにさせることも可能だったろう。サンフレッチェ広島の高萩、柏木がゴールを奪えるのも佐藤寿がオトリとなってDFのけん制しているおかげである。彼らのようなCFがいなかったため、日本代表は苦戦を強いられたのだ。

 セットプレー3発の2−1という結果からもわかるとおり、このオーストリア代表対VS日本代表の試合は、どちらにとっても悲しいほどお粗末な内容だった。どちらもディフェンスに大きなほころびがあったが、攻撃の欠陥はそれ以上だった。いまのままなら両チームとも南アフリカでは全敗に終わることになるだろう。オーストラリア代表は、この勝利によって修正する機会を失ったのかもしれない。逆に日本代表は、敗北によって得るものがあったのかもしれない。是非ともそうであってほしいものだ。望みは薄いかもしれないが。


人気blogランキングへ

posted by hume at 23:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サッカーは日本人には向いてない。マジメすぎる。パスばっかりして、シュートを打たない。個性がない、創造性は皆無、自主性がない、上からの指示を待ってから、やっとする。

日本の社会で育った若者は一流の選手にはなれない、子供の時点で才能をつぶされてしまうからです。かわいそうです。
日本人のサラリーマンも大変かわいそう、特に才能のある奴。あほで、いいなりになる奴が好かれる。

日本人には野球がよくあっていますよ!
Posted by charley chen at 2009年06月20日 22:37
>charley chenさん
そうですね。
Posted by hume at 2009年06月20日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121831270
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。