2009年06月22日

【サンフレッチェ対ヴィッセル】現場監督の不在と支離滅裂な采配

 森崎和幸が「慢性疲労症候群」という難病に倒れた。森崎和幸は、単に日本屈指のボランチというだけでなく、選手が戦術を決めるサンフレッチェ広島おいて、実質的な現場監督の役割を担っていた。4−3と大荒れな試合内容だったヴィッセル神戸戦では、その現場監督の不在がチームに多大な影響を及ぼしていた。


人気blogランキングへ

 2−0から3失点を喫したわけだが、これは特に問題ないだろう。3つのゴールは、どれも偶然性の高い不運な失点であり、守備が崩されていたわけではなかった。ヴィッセルの4−2−3−1は、両SHが中央に寄り過ぎていたため、攻撃に幅というものがまったくなかった。そして前線のマルセウと大久保が、2人とも中盤へ下がっていたことで、攻撃の奥行きも見られなかった。後半、茂木が1トップに入ったことにより、多少の改善が見られたが、茂木の飛び出しを活かすパサーもいなかったことから、たいした脅威にはならなかった。

 問題だったのは、逆転直後のペトロヴィッチ監督の采配である。足を滑らせて逆転劇を演出してしまった盛田を懲罰的にベンチへ下げ、ボランチに高柳を配置し、中島を最終ラインにコンバートしてしまったのだ。この交代は、とんでもない悪手だった。1トップのヴィッセルに対し、盛田を削り2バックにシステム変更で攻撃に人数を掛けようというならばともかく、対人プレーにめっぽう弱い中島を右ストッパーに下げるなど暴挙としか言いようがなかった。

 さらにペトロヴィッチ監督の迷采配が続く。PKを取られたミキッチと交代にFWの平繁を投入した。これによりサンフレッチェからは、戦術的秩序が完全に失われてしまった。平繁と佐藤寿の2トップ以外に具体的な指示が行われなかったのだろう。平繁交代当初、ミキッチの代わりに右サイドへは、誰も配置されなかったのだ。さすがに数分後、槙野が右WBに上がり、中島、ストヤノフ、青山の3バックという布陣に落ち着いた。けれども1点差を追いかける展開にもかかわらず、攻撃のメカニズムが完全に崩壊し、ほとんど効果的な攻撃は見られなくなってしまった。ペトロヴィッチ監督自身は、試合後の記者会見で「4-4-2ではなく、2人で守って8人で攻撃したのだ」などと述べていたが、実態は青山(もしくは中島、ストヤノフ)を一人最後尾に残り、他の9人全員で敵陣に突撃していた。1人で守り、9人で攻める。これで攻撃が機能していないというのだからこっけいな話である

 幸運だったのは、パニックがヴィッセル神戸にも伝染したらしく、カウンターでゴールを脅かされたのは、楠瀬がドリブルで抜け出した一回だけで済んだことだ。今シーズン・アウェー未勝利という結果が選手のメンタル面に影響したのだろう。半狂乱になりながら総攻撃を仕掛けるサンフレッチェの勢いに圧倒され、怖気づいて守備一辺倒になってしまったのだ。冷静にカウンターを狙っていれば2−5、2−6といった展開になってもおかしくはなかっただけに、浮き足だって引きこもるヴィッセルの未熟さは、サンフレッチェにとって好都合に働いた。

 そんななかストヤノフのロングパスからサンフレッチェが同点に追い付く。佐藤寿と北本の競り合いからのこぼれだまを柏木がダイレクトでゴールに蹴り込んだ。ヴィッセルはロングボールに弱く、私が調べただけでも、今シーズンはロングボールから5失点をきっしている。ヴィッセルの守備陣が引き過ぎてしまい、ストヤノフにフリーでロングキックを蹴らせてしまった時点で勝負ありだった。

 キックオフ直後、カウンターでサンフレッチェが再逆転に成功した。アタッカー陣の戻りが遅れたヴィッセルをしり目に、空いた中盤のスペースから高萩がミドルシュートを放ち、4−3と試合を再度ひっくり返したのだった。アウェー戦1分6敗という負の連鎖への予兆が、ヴィッセルの選手たちに重くのしかかったのだろう。勝利を求めるあまり、試合終盤同点という状況を無視し、攻撃に人数を割き過ぎてしまったのだ。

 ドンデン返しでひと安心と思いきや、サンフレッチェ側も選手の動揺が一向に収まらない。リードしたことで槙野が最終ラインに戻ってしまい、右サイドがまたもがら空きになってしまったのだ。しばらくすると高柳が右WBに入り穴をふさいだが、もう少し遅ければ、右サイドのスペースを突かれ、再再逆転という展開もありえなくはなかっただけに、終盤の混乱ぶりは反省しなくてはならないだろう。

 ロクに指示も出さずにシステム変更なんてことが、あっていいわけがない。選手たちも話し合いで何とか修正していたが、あまりにも時間が掛かり過ぎていた。森崎和がいてくれたならば、もう少しはスムーズにフォーメーションをチェンジできていたのかもしれない。けれども森崎和は、当分のあいだチームに戻ってこないだろう。このように適当なマネを続ければ、必ず後でバチが当たること間違いなしだ。早急に何らか対策を取る必要があると思う。


人気blogランキングへ

posted by hume at 19:30| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
?
たられば
Posted by ys at 2009年06月22日 22:50
OH! KAMIKAZE!
高柳がWBのポジションを埋めた場面を想像してしまい、
なんか笑ってしまいました。高柳はそれを自分で気づいてやったのか、
誰かに言われたのか・・・その誰かが誰なのか気になります。


Posted by cfr at 2009年06月22日 23:45
そーいえば、柏木が最終ラインに入っていたのも見かけました。
秩序も何もあったもんじゃなかったことは、試合後の柏木のコメントからも伺えますね。
Posted by えびなげ at 2009年06月23日 09:26
>ysさん
このままでは後々問題が起きかねないという話です。

>cfrさん
誰なんでしょうね。
森崎和に代わる現場監督の登場を切に願わずにはおれません。

>えびなげさん
まぁ無茶苦茶です。
どうにかしないと。
Posted by hume at 2009年06月23日 20:07
まさにアドリブ采配だったわけですね。
プロレスを超えたプロレスですなw

それにしても「半狂乱になりながら総攻撃・・・」のくだりは笑ってしまいました。
Posted by トラマ at 2009年06月23日 20:29
>トラマさん
駄々っ子パンチがアゴ先にまぐれでヒットしてKOみたいな、どうにも釈然としない試合でした。
WWEだってもう少しマシな脚本書きますよ。
Posted by hume at 2009年06月23日 21:42
大島優子をはじめとする4人のAKB48メンバーで構成されているユニットNot yetが、映画『イースターラビットのキャンディ工場』の日本語吹き替え版主題歌「ハグ友」を担当してます。
Posted by 指原莉乃水着 at 2013年06月18日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122012933
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。