2009年06月29日

【ジェフ千葉の新外国人FW】ネット・バイアーノ

 ジェフ千葉は新外国人FWネット・バイアーノの獲得を発表した。巻との相性の悪さを見せたレイナウドの反省からか、千葉フロントは05〜06年に活躍したマリオ・ハースと同じタイプの選手を中心にスカウティングしたらしい。

 動画を観たかぎりでは確かにハースに似ている。技術的にはやや不安定だが、ポストプレーやアクロバティックなフリック(後ろにボールをそらすプレー)は、十分及第点をつけられるレベルだろう。左足のシュートは、やや力任せの印象がぬぐえないものの、まずまずの破壊力を備えている。セットプレーでも強力な武器となりそうだ。

 守備も献身的にこなすようだし、プレッシング・サッカーへの適応という点でも問題はないだろう。ペナルティエリアの外縁を主戦場としており、頻繁にサイドへ流れる動きを見せていたことから、ボックス・ストライカーの巻との相性は悪くないようにも見える。

ならば千葉にとってベストの補強かというと、そう単純な話ではない。


人気blogランキングへ








 ひとつ致命的な問題がある。それは巻、バイアーノともに鈍足なため、この2トップでは速攻がしにくいという点だ。オシム時代の千葉ならば、高い位置でボールを奪えたため、前線のスピード不足もさほど問題ではなかったのだが、現在の千葉はボスナー、池田のラインコントロールが稚拙で、最終ラインの押し上げが効いていない。そのため必然的にボール奪取ポイントが低くなり、なかなか思うようにショートカウンターへ持ち込めずにいる。

 もしも巻、ハースのコンビの再現を狙っているというならば、千葉フロントはラインを統率できるCBの補強を進めたほうが賢明だ。さもなければレイナウドの二の舞ということも十分にあり得る。

 あと余談だが、バイアーノはダイブ癖があるようだ。それもみえみえのものが多い。ドタバダと見苦しいので、そこらへんはミラー監督にしっかりと修正してもらいたいところである。


人気blogランキングへ
posted by hume at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。