2009年07月20日

【広島VS千葉】なぜリアクション・サッカーで先手必勝なのだろうか

 ジェフ千葉はエースの巻をスタメンから外してきた。3トップの頂点に谷澤、その右サイドに深井、左サイドに太田が入り、実質0トップという布陣だった。千葉のミラー監督は、広島とまともに主導権争いをしても歯が立たないと考えたのかもしれない。だからこそ最初から広島に主導権を明け渡し、ドリブルに定評のある3人を前線に置き、速攻でゴールを狙おうとしたのだろう。しかしミラー監督の思い通りにはならなかった。


人気blogランキングへ

 まず千葉のスタメンにはサイドの人選に問題があった。右ウイングに深井、左ウイングに太田というかたちだったが、どう考えても逆に配置した方が良い結果を得られたはずだ。

 深井は足元へボールを納め、そこからドリブルで局面を打開しようとするタイプのアタッカーである。サイド深くに侵入し、クロスを上げるようなプレーは、レパートリーに持っていない。左サイドから中央へ切り込ませ、右足でシュートを狙わせたほうが、持ち味を活かせた可能性が高い。

 左サイドに太田というのもよくなかった。太田はスペースへ縦に走り込み、サイドへボールを引き出すプレーは見せても、中へ切り込む動きはほとんど見せなかった。これでは左サイドに右利きの選手を起用するメリットをまるで活かせない。利き足ではない左足でクロスをあげられる点を評価されたのかもしれないが、クロスを上げさせるだけなら本職の右サイドでプレーさせた方が期待が持てた。深井が試合から消えていた点も考慮すると、太田を無理にレフトウイングで使う意味は、全くなかった。

 さらに問題だったのが、クロスの受け手がひとりもいかなったことだ。足元にボールを欲しがる深井と谷澤が、広島の守備網に封じ込められ、受け手として機能していたのは、パスを引き出す動きに長けた太田ひとりだけだったため、この試合の千葉の攻撃は、太田の左サイドからのクロスが唯一のオプションだった。にも関わらず空中戦に強い巻がベンチにいたことから、広島の守備陣にピンチらしいピンチは訪れなかった。

 千葉の守備で特徴的だったのは、柏木・高柳・青山へのマンマーク・ディフェンス。それぞれに坂本・工藤・アレックスがマークに付き、オフ・ザ・ボールの動きで守備をかく乱しようとする広島の攻撃を抑え込もうとした。多大な運動量が要求されるため、長時間継続するのは無理だろうと思っていたが、案の定、前半35分あたりからマークがルーズになり、広島の攻撃陣はいくつかのチャンスを創った。

 ミラー監督がこのような戦術を採用した理由はよく分からない。巻のパワープレーというオプションがあったのだから、後半勝負でも良かったはずなのだが。なぜか前半から中途半端なプレスで消耗したあげくに、ヘトヘトとなった後半に広島の攻勢に耐えられず4失点で惨敗した。先手必勝というのならば、広島のDFラインにハイプレスを仕掛けるという手もあった。いったいどういった意図があったのだろうか。わけがわからない。


人気blogランキングへ
posted by hume at 22:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミラー監督の意図はたしかに見ていてよくわかりませんでした。
相手の中盤の人数が多いのにマンツーマン・・地獄のしんどさでしょうに。
Posted by cfr at 2009年07月21日 10:58
深井の右足って、そんなに精度ありましたっけ?
無理矢理、左足でシュートしちゃいそう。
Posted by NARI at 2009年07月21日 13:39
>cfrさん
順位通りの監督ということなのでしょう。

>NARIさん
他の場所で指摘されたのですが、深井は左利きなんだそうです。
希少なはずなのにあまりレア感がありませんね。
Posted by hume at 2009年07月21日 21:01
私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい ヒュームのサッカー学習ノート
Posted by seo services vancouver at 2012年03月03日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。