2009年09月29日

失点が減ったのは森崎和が離脱したからである

試合を分析してみるとそういう結論になった。

人気blogランキングへ

理由はちゃんとある。

けれども、その理由を説明してもよいものなのだろうか。

書かない方が良い気がする。

そこをあえて読みたいという人はいると思う。

それに応えて、好き勝手に書くこともできる。

でも本当にそれでいいのだろうか。


人気blogランキングへ
posted by hume at 21:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読者を限定できるとこにしたほうが(笑)
人は感情的な生き物なので
Posted by cfr at 2009年09月29日 21:29
(たぶん)初めてコメントします

1個人の1ブログである以上好き勝手に書くことをとがめる理由は一切存在しません

ただし書く以上は「だれかの期待にこたえて」ではなく「ご自分の意思」で書かれるのが筋か、と思います
Posted by 蘭泥 at 2009年09月29日 21:31
もう書いたようなもんじゃないか。
読みたい人も読みたくない人もいるなんてことはただの言い訳、意地悪心の逃げ道でしかない。
頼むよそでやってくれ。気分が悪い。
期待してるかもしれん僅かなもんに応えるなら、こっちの願いもきいてくれ。
Posted by gon at 2009年09月30日 00:42
もったいぶって「読みたいです、書いてください!」とでも言われるの待ってるんですか?
所詮素人一ファンの戯言に過ぎないんだから、そういうしょうもない話(議論)はお願いだからネット上じゃなく内輪でやってください。

Posted by KEI at 2009年09月30日 01:15
大丈夫ですか?
Posted by 蒼井 at 2009年09月30日 03:01
中島の方がチームとしては良いということなのでしょうか?
Posted by acuo at 2009年09月30日 07:29
見たい人だけ見てくれと「つづき」と表記リンクすればいいのでは
ないでしょうか。
私もそうしてましたし。

それでも反論がありhumeさんが傷つくこともあるかもしれませんが
反対に応援している人もでてくると思います。


Posted by sw at 2009年09月30日 07:36
本人のブログなのに「よそでやってくれ」ってw
色々な人がおりますなあ。
Posted by cfr at 2009年09月30日 08:38
このタイトルと内容で、
森崎和=失点の原因、、、と筆者は思っている、
と受け取る人がいるんですね・・・・日本語難しい・・・
Posted by えりぴょん at 2009年09月30日 09:14
こんにちは。これまでほとんどコメント残すことはありませんでしたが、数年前からhumeさんのブログの愛読者です。

表面的で局所的なサッカーの見方しかできないボクですが、humeさんが書かれるエントリーでは戦術的な部分を噛み砕いて解説してくださるので面白くていつも何度も読み直しています。

サッカーにはいろんな見方があって然るべきとは思いますが、他のサポ系ブログよりボクはここが好きです。無理のない程度で、これからも続けて書いていただければ嬉しいです。
Posted by N2 at 2009年09月30日 14:37
よそでやってくれ。は読みたくない人が目に入れなくて済むところでという意味。
さっかりんの、サンフレの選手のブログなんかと並んでいるようなところで、そのタイトルはないだろうってこと。イヤでも目に入る。
Posted by gon at 2009年09月30日 19:14
今回、ひっかけるような記事を書いたことは申し訳ないと思ってます。

ただ本当に「森崎和幸が失点の原因」だった場合、それを書いていいのか、書いちゃ駄目なのか。

そこのところをはっきりとさせておかないといけません。

現実を受け止めて冷厳に書くという立場もあれば、人情を考えて書かないという立場もあるでしょう。

もうこれはスタンスの違いですから、どちらにも理はあると思います。

だから今だにどちらの立場で書くか決めかねているわけです。


>N2さん

応援ありがとうございます。

Posted by hume at 2009年10月01日 00:12
いつも見ています。参考にしてます。

中島をはっきりとボロクソに言ってみたり、反町監督を暗に無能扱いするような表現をしたりなど、刺激的だけど分かりやすくていいなあと感じていたので、今更その論法を躊躇し始めるとは…と、ちょっとした驚きを覚えました。カズのプレイへの批判を想定したときに感じられたんでしょうか?

スタンスの違いと仰いますが、批評のしかた次第で、現実的な冷厳さも、人情も双方伝えられる方法があると思いますけどね。今ダメなところはホントにダメだけど、克服の余地は十分あるだろう、というような。
Posted by 暮雨 at 2009年10月01日 01:26
>暮雨さん
あのマスコミ・スタイルの文章は本当に今さらですね。

今回は自由に書くとどうなるかという見本として敢えて書いただけです。

もうああいった記事は書かないつもりです。

マスコミの場合は刺激的に書かないと大衆に伝わらないため、あのような形でやっているのでしょうが、過剰な分だけどうしても論理に無理が生じます。

マスコミで働いている方からアドバイスを頂いて、ああいったスタイルにチャレンジしてみましたが、どうにも肌になじまず辞めてしまいました。


客観性と人情の両立が出来れば一番いいんですけどね。

これまで何度かそういった文章に挑戦しましたが、なかなかうまくいきません。

Posted by hume at 2009年10月04日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。