2009年10月04日

ミキッチの意地

清水の守備は意図的に中央と右サイドのスペースを消し、左サイドのスペースを空けていた。

森崎和、青山に中央からサイドへパスを散らされたり、服部に寿人へピンポイントでクロスを合わされたりするよりも、ミキッチをフリーにしたほうがましという考えが透けて見える守備シフトだった。

清水としてはミキッチの精度の低いクロスなら中央を固めてしまえば十分に跳ね返せるという読みだったのだろう。

この試合では中央にいる伊東、岡崎だけでなく左サイドの枝村も時折り青山を消すようなポジション取りをしていた。

最近、同様の対策を取ってくるチームがいくつか見られる。


人気blogランキングへ

このところミキッチは相手になめられている。

「縦さえ切っておけば、たいしたことは出来ない」と高をくくられているらしい。

しかし、そんな過小評価にミキッチは、痛烈な一撃を食らわせる。

前半29分にカウンターからDFラインのサイドの裏へ抜け出し、ゴール前へ走り込む佐藤寿にグラウンダーのクロスを送り込み、先制のアシストを決めた。

なめられっぱなしで黙っているほどミキッチは軟な男ではなかった。


近ごろミキッチはグラウンダーのクロスを多用している。

ハイクロスに比べてDFに引っ掛かりやすいが、パスの方向を合わせさえすればよく、ボールが高すぎて触れないといったことがなくなる。

そのためクロスの精度に自信がない選手には全部グラウンダーで蹴らせるという監督もいるほどだ。

今回はそれが実ったわけだ。


人気blogランキングへ
posted by hume at 09:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やけにモーションがでかいのでDFに寄せられるシーンもあったのですが
アシストのシーンみたいにシャープな振りができればより脅威になれそうですね
Posted by cfr at 2009年10月04日 10:31
最近のミキッチは確かにフリーでもクロスやシュートがダメダメでしたね。アシストのシーンは良かったですし、昨日は何とか工夫しようとする意図は見えました。欲を言えば、かつての駒野のように内側に切り返して左足でシュートが枠に飛ばせれば…。

ところで、昨日は自陣で相手ボランチにまったくマークがいない危険な状態だったように見えたんですが。
Posted by N2 at 2009年10月04日 18:52
>cfrさん
いつも体がギクシャクしてますよね。
あれはたぶん治りません。

>N2さん
最終ラインにDFリーダーがいなかったのでチームの重心が低く
ボランチまでプレッシャーが掛かっていませんでした。
中島かストヤノフがリベロに入れば修正されるでしょう。
Posted by hume at 2009年10月04日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。