2009年11月01日

広島にフィットしそうな選手のリストをつくってみた

選手名鑑とにらめっこしながらサンフレッチェ広島のサッカーに合いそうな選手をリストアップしてみた。

李忠成の例もあるので今年は「さすがに来ないだろ」と思えるような選手もチョイスしている。

現実逃避的な妄想話だが、まぁ酒の肴くらいに思ってもらいたい。


人気blogランキングへ


・ゴールキーパー

西川(大分):人気銘柄だけに難しいか。
櫛野(千葉):オシム・チルドレンなのでチャンスはありそう。


・リベロ

増嶋(京都):サイドバック起用は才能の浪費。対人能力も向上しポスト・ストヤノフには最適だろう。ただし京都でそれなりの出場機会を得ているので引き抜くのは難しそうだ。

堀之内(浦和):元ボランチでストッパーとしても計算できるだけに是非とも広島に連れてきたい人材である。

手島(京都):クラシックなタイプのスイーパーなので微妙に補強ポイントとずれているのだが、ラインを統率できる人材が不足していることを考えるとバックアッパーとして確保しておきたいところ。


・ストッパー

中田(鹿島):足を怪我してからは精彩を欠いているが、左利きでテクニックのあるCBとなると彼くらいしかいない。

茂庭(F東京):対人に強い快足ストッパー。攻撃の起点にはなり得ないが、守備の安定を考えたなら選択肢に入れたい。

坪井(浦和):同上


・ボランチ

中後(千葉):高精度のロングパスと対人スキルを兼備、最終ラインにコンバートするのもあり。


・ウイングバック

山岸(川崎):両サイドとシャドーで起用可能。高さはないがヘディングは得意。クロスはそれなり。

高橋(大分):クロスの精度、突破力でミキッチに劣るが、得点力では大きく上回る。ちょっと微妙。

永井(清水):本人がサイド起用を嫌がりそうなのがネック。ストライドの広いドリブルはWBでの方が行きそうなのだが。

石川(山形):服部とキャラクターがもろかぶり。もう少し若ければ・・・。

平川(浦和):過剰な期待は掛けられないが両サイドでプレーできる分、控えとしては一番手頃な選手。


・シャドー

カレン・ロバート:運動量豊富でスピードがあり守備意識も高くプレッシング・サッカー向きの人材。

チョ・ジェジン:Kリーグ時代にトップ下でプレーしていた。フィットしそうだが高いので無理。


・センターフォワード

ハーフナー・マイク:ヘディングは相変わらず下手糞だが、電柱育成職人・島田の指導によって戦術面が大幅に進歩。1トップにも対応できる万能FWに成長した。

都倉:同じく島田の指導で伸びた大器。驚異的な身体能力は以前から高く評価されていたが、戦術的インテリジェンスに問題があり、フロンターレのフロントに見限られて昨シーズン戦力外通告を受けた。ここまで成長するとは・・・全く予想できなかった。不覚。

森田(甲府):パワープレー要員にはちょうど良さそう。


人気blogランキングへ

posted by hume at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
島田さんを引き抜いて盛田を再再生、も捨て難いものです!
Posted by cfr at 2009年11月02日 11:57
それは面白そうなアイデアですね。

ただ島田は普通に大宮に復帰して
ラファエルの相手をしていた方が幸せそうなのがアレですけど。

Posted by hume at 2009年11月02日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131770587
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。