2009年11月21日

森崎浩司復帰の影響

オーバートレーニング症候群で長期離脱していた森崎浩司が、名古屋戦でほんの数分ですが、兄の森崎和幸との交代で試合に出場しました。

特に結果を残したわけではありませんが、クラブにとって彼の復帰は喜ばしい出来事でした。

戦力的にみても得点力のある森崎浩の復帰はプラスでしょう。

今後どのように起用されるかは分かりませんが、今日の試合を見た限りでは、おそらくシャドーのバックアッパーの1番手として使われそうです。


さてさて、そうなると問題となってくるのは、これまでアタッカーのサブとしてプレーしてきた高柳・李忠成・平繁の扱いです。

高柳は青山の代役というポジションに収まりましたが、李忠成は不得手なCFの交代要員にされてしまいました。

平繁はさらに悲惨です。

その李忠成に押し出される形で、トップでもシャドーでもサードチョイス以下にまで落ちぶれてしまっていました。

競争の激しい世界ですから、有力選手の復帰によって優先順位が下がってしまうこと自体は仕方がありません。

ただ問題なのは、3人とも以前より能力を発揮しにくいポジションへ移されてしまったことです。

高柳はこれまでにボランチで結果を残したことは一度としてありませんし、李忠成は前所属の柏で1トップ失格の烙印を押された選手です。

平繁にいたっては出場機会すらなさそうです。

この問題を解決する方法がひとつあります。





人気blogランキングへ



高萩のボランチ起用です。

本来高萩はシャドーよりもボランチ向きの選手です。

類い稀なる戦術的インテリジェンスでシャドーのポジションも難なくこなしますが、走りながらのボールコントロールを苦手としているため、決定的なチャンスをふいにすることもめずらしくありません。

本来のポジションである3列目に高萩を起用すれば、ストヤノフ離脱のダメージも一緒に補えるでしょう。

さらにこうすることによって森崎浩の復帰が青山の離脱と相殺される形となり、チーム内序列の変動が起きなくなり、高柳と李忠成が不得意なポジションでプレーーすることもなくなります。

割と悪くないアイデアだと思うのですがどうでしょう。


人気blogランキングへ

posted by hume at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | サンフレッチェ広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高萩のボランチはありですね。
守備に不安はあるものの、パスによる展開力や、スペースを見つける眼を生かせるポジションだと思いますし。
どうもシャドーだと、相手からのプレッシャーに圧されて、思うように力を発揮できてない印象が否めないです。
彼がファンタジーさを発揮するのは、シャドーよりも気持ち下がった位置でボールを持った時の方が多かったような気がします。
Posted by 熊サポ@島根 at 2009年11月22日 10:38
>今日の試合を見た限りでは
名古屋戦での森崎浩に見るものなんてありました?
たったワンプレーですよ?
それで語ってもらっちゃ困りますよ。

「どうでしょう?」なんてブログで投げかけるくらいなら、吉田へ行って洋次郎やミシャにでも「こんな感じどーう?」って言ってみたらどうですか?

Posted by 現地者 at 2009年11月22日 20:56
>熊サポ@島根さん
実際にボランチで起用された際には高パフォーマンスを見せていましたからね。

そこら辺を監督がどう判断しているのやら。

>現地者さん
見たのは監督の采配のほうですよ。

Posted by hume at 2009年11月22日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133546462
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。