2009年12月09日

川崎で不遇だった山岸が広島で活躍できる3つの理由

元日本代表の川崎・山岸獲得へ 両サイドこなすMF【中国新聞】
http://www.chugoku-np.co.jp/Sanfre/Sw200912030175.html

今シーズンも優秀なる広島フロント陣は、いい仕事をしてくれていますね。

人材難な両サイドでプレー可能なうえ、ヘディングに強く前線の高さ不足を補える山岸をピンポイントで確保してくるあたりはさすがです。

その山岸ですが、ジェフ千葉から川崎フロンターレへ移籍して以降、ほとんど結果らしい結果を残せていない(今期16試合741分出場0ゴール1アシスト)ため、サポーターの一部から不安視する声が上がっています。

しかし心配は無用です。

川崎で山岸は3つの問題を抱えていたため活躍できませんでしたが、広島ならば、それらの問題は起きえません。

才気縦横にピッチで大暴れしてくれることでしょう。


人気blogランキングへ


図解オシムの練習―ベールに包まれた内容と意図

図解オシムの練習―ベールに包まれた内容と意図

  • 作者: 下田 哲朗
  • 出版社/メーカー: 東邦出版
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本







川崎で山岸は“数的不利な状況ではチャレンジしない”と批判されていました。

ジュニーニョやレナチーニョの個人技による局面打開に頼りきりの川崎からすれば、1対1にならないと仕掛けない山岸は物足りなかったのかもしれません。

ですが山岸のドリブルはボディフェイントで左右に揺さぶり縦に抜けるスタイルです。

個人技で2人も3人も抜いていくようなプレーは、そもそも想定外でした。

ここは数的不利で突破できない山岸ではなく、逆に1対1の状況を創ることが出来ない川崎のビルドアップ能力の低さの方にこそ問題があります。

中村憲を潰されると攻撃を組み立てられない川崎と違い、広島にはストヤノフ、森崎和、青山と複数のゲームメーカーがいるので、このような問題は起きないでしょう。


数的不利だとバックパスマシーンになるというブーイングを浴びていましたが、これも川崎だから起こった事態であって、広島には無縁です。

山岸が出場した川崎の試合を見ましたが、このチームは人間関係がこじれてしまっているように見えました。

ジェフ千葉時代の山岸は、相手が数的優位な状況では、バックパスでもう一度DFラインから攻撃を創り直すか、ワンツーなどのコンビネーション・プレーで局面を打破しようする選手でした。

しかし川崎では、他のアタッカー(主にブラジル人)との信頼関係が築けていないのか、仕掛けの段階でのパス交換がほとんどなく、無理にドリブルで切り込むか、バックパスのどちらかしか見られませんでした。

広島の選手たちは、そういう“ハブる”ようなマネはまずしないので、川崎のようなことにはならないでしょう。


これまでのふたつと違い最後の3つめは、山岸自身の弱点がネックとなっていました。

山岸はオフ・ザ・ボールの動きに定評がありますが、マークを外す動きを苦手としています。

そのため4−3−3のWGや4−4−2のSHのようにSBと完全にマッチアップしてしまうポジションだと、マークを外せずに消され気味になり勝ちです。

広島の3−4−2−1のように特定のマーカーが付かないWBならば、このようなことにはなりません。

下の動画のように後方からフリーで飛び込むシーンを何度も見られることでしょう。





駒野といい金崎といい、今回のフロント陣はやたらとアグレッシブですね。

まだまだ続報がありそうでワクワクが止まりません。

次はどのような知らせが来るのでしょう。

楽しみです。


人気blogランキングへ

posted by hume at 12:15| Comment(7) | TrackBack(0) | サンフレッチェ広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど!!
Posted by post at 2009年12月09日 18:16
はじめまして。
今のサンフレのスタイルが大好きです。
スペースがあれば前に出る。
ボールを奪われても前でとる。
さらに熟成することを期待しています。
山岸も加わってくれるといいなぁ。
Posted by robichi at 2009年12月10日 09:24
山岸ってゾーンとマンツーどっちのほうが得意なんですかね。守備面でどんな活躍をしてくれるのかが気になります(笑)
Posted by cfr at 2009年12月10日 11:12
>postさん
コメントありがとうございます。

>robichiさん
はじめまして。
FIFAですか。
ウイイレならサンフレの選手がむちゃくちゃ強いらしいという話を聞いたことがあります。

>cfrさん
結構たんぱくだったような。
まぁ高さはあるので5バックで跳ね返す分には問題ないと思います。
Posted by hume at 2009年12月10日 20:00
そこまで仰るならレンタルなんてケチクサイ事言わず、完全移籍で違約金払ってもらえませんかね。
今となっては保有権も要りませんが、レンタルでないと広島は獲らないとか言いそうなので。

個人的には広島でうまくいけば良いなぁと思います。
たぶん他のチームではどこもフィットしないでしょう。
変りたいと思って千葉をでたようですが、彼はかたくなに自分のやり方を曲げない人です。
自分の形にこだわって、使ってもらう以外は実効性はありません。
そんな試合での自己主張の強さは練習になると影を潜めます。練習でアピールしないのに試合でボールがまわってくる事など無いのに。
Posted by にゅーぼ at 2009年12月11日 04:02
>にゅーぼさん
頑張って川崎で戦力化するという手もありますよ。
Posted by hume at 2009年12月11日 21:59
私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい ヒュームのサッカー学習ノート
Posted by seo services vancouver at 2012年03月03日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。